07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

美人は嫌い!? 

人間も一昔前に還暦を迎えたような年になると、美男や美人と言っても、ピンとこない。
芸能人や、美人に固執する人はそれなりの努力は認めますが、わずかに美貌の残骸が残っているばかり。

あとは過ごしてきた年月に、鍛えられた苦労の味が出てくるのみだと、思っています。

ところがうちの夫、時々妙なことを申します。

「僕は美人が嫌いだ!」などと。

私はよく言うわと内心クスッとします。

息子が小さいとき、アニメの主人公のお母さんを見て、
「このお母さん美人やなあ。こんなお母さんがいいなあ。こんなお母さんの所へ行こう」
と、息子をけしかけて、
「お父さんだけ行けば」
と、言われたことをすっかり忘れている。

という私も忘れていて、レポート用紙に日記の如く書かれたものを見つけ出して、
こんなことがあったのだと思ったばかりですが。

美人とは何をさしていうかは人それぞれですが、一般的には美形、または内面の美しさが表面にあふれ出しているような人を言うのだろう。
そんな人がそこら中にいるわけがない。

「美人でなくて悪かったわね」
なんていうべきだろうけど、そんなことは言わない。
美人が嫌いだと言われれば、

「ああ嫌われてる。そうか、それで嫌がらせばっかり言うのね」
と、返してやった。

夫キョトンと、トンチンカンな返事を受け取ったような顔をして、
「あの、僕の嫌いなのは美人だから、そうでない人は大好きだから」

「だから、嫌われてるの、私のことを嫌いでしょ」
「いやいや、嫌いなのは美人やから」

「だから、嫌いなんでしょ。家事なんて一生懸命やったって、無駄ね」
「いやいや、嫌いなのは美人だけで……」

これが延々と続きます。
敵も然るもの、『あなたは美人じゃない』とは、絶対言わない。

言ってるのも同じだけど、そこは微妙なところ。

声もだんだん大きくなるし、エネルギーもいる。

我が家の認知症予防と、経費の掛からないレクリエーションと思いましょう!


時々登場する「コゲラ」
大人しくて、まじめ、夫婦仲もよいそうです。
E71_7754.jpg


E71_7760.jpg


ところが、何か怪しい奴がやってきた。
顔が変わってきています。
E71_7776.jpg


「何をしている怪しい奴」
E71_7777.jpg


「こっちに回ってきたか、なにをする気だ!」
E71_7778.jpg


「やるか!」
相手はクマ蜂君です。
E71_7780.jpg
「 コゲラ 対 クマ蜂 」
どっちが強いんだろう?
しばらくにらみ合いが続きましたが、どちらもこの木の枝から去っていきました。

自然界も厳しいようです。
笑っては可哀相ですが、見ているほうは可愛くて思わず笑ってしまいました。
当事者(?)は必死なんでしょうね。

この場合、どっちかが危害を受けることはないと思いましたが。





2017/07/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 14edit

久しぶりに電車とバスに乗りました 

先日久しぶりに電車とバスに乗りました。

電車の方は、たまに大阪市内に出る時や、実家の高知に一人で帰る場合は利用します。
でもたいがいは夫や娘の車に乗せてもらいます。
近くを回るときは私の自家用、ミニバイクで動きます。

自転車でもいいですが、2年ほど前から、大阪府は保険と65歳以上はヘルメットが義務付けられました。
保険の方は自動車保険に付帯しましたが、問題はヘルメットです。
誰も被っていません。

バイク用ヘルメットなら持っていますが、ちょっとオーバー、やはり自転車用をと思いますが、
本格的なスポーツ自転車用ヘルメットは私の年でママチャリに乗るには不釣り合いで被れません。

昔ミニバイクにヘルメットが義務付けられた時、高校生などがかぶっていた簡易ヘルメットをと、思いますが、
見当たりません。
ネットで調べたらあるのでしょうが、そこまでしてという気もあって、結局バイクで走り回っています。

で、本題に戻って、先日夫の車では行けないところに娘の車で送ってもらいました。
帰りも、娘の時間の空いた時に迎えに来てくれるということでしたが、
思いがけずすぐ帰ることになって、娘は仕事中なので、電車とバスで家まで帰ることにしました。

電車は各停しか止まらない駅から乗りました。
子どものようにきょろきょろ。
時間帯も通勤ラッシュを過ぎているし、乗客もまばら。

で、ある駅に止まった時、向かいのホームに後からやってきた電車から、数人の人が下りてきて、
こちらの電車に乗り換えました。
電車を見てた夫が、「おい、あの電車、快速って書いてるで。先に着くの違うか?」

そうです、私たちが乗り降りしている駅は快速の止まる駅だったのです。
「そうやね」と言って、立ち上がろうとしたら、向かいの快速電車のドアが閉まりました。
その一瞬前、横に乗っていた初老の男性が、
「あの電車、次はK駅に止まるよ」
と、言ってくれましたが、
「あっ、ドアが閉まった。あかんわ」
と、乗り換えを諦めました。
まるで御上りさんのようでした。

仕方ない、一分を争うわけではないしとそのまま各停で、目的駅K駅で降りました。

次はバスです。いくつかバス乗り場があって、どこから乗るのか知りません。
大きな駅なら表示を大きくしていますが、ローカルな駅なので、いちいち見て回りました。
降りるバス停はわかっていましたが、このラッシュ時以外のバスは、2コースを一台で回っているようなのです。

いくつか見ていると乗るバスがわかりました。
一時間に一本ぐらいの割でしか運航がありません。タクシーで帰ろうかと思っていましたが、
時間を見れば、「あと5分でくる」と言うことだったので、
バスで帰ることにしました。

あの時快速に乗りかえていても、このバスを待つか、タクシーで帰るかだったのね、なんて言いながら。
私の住んでいる町は道路が狭いのです。
普通車同士の行き違いでもいっぱいいっぱいの感じなのに、一方はバスです。
窓から見ていると家の軒が触れそうです。上手に運転していました。

やっと家の近くの見慣れたバス停で降りて、やれやれでした。

普段車やバイクで動いていると、電車やバスは大変です。

時間待ちはあるし、周りの座席は知らない人ばかり。
ちょっといつもとは違う体験ができた日でした。


散歩道のスズメ
E71_7646.jpg


E71_7650.jpg


賑やかに鳴くオオヨシキリ
何か愛嬌のある鳥さんです
「さあ、ヨシキリの賑やかな声を聞きに行くか!」みたいな感じで、芦原に向かいます。
E71_7701.jpg


E71_7699.jpg


さあ、大きな口を開けて鳴きます!
E71_7665.jpg


E71_7669.jpg


E71_7671.jpg






にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝









2017/07/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 10edit

書道教室 

自治体主催の習い事、2番目。

「書道教室」

字を書くことは好きだったのです。
特に硬筆、これは学校で習いました。使う鉛筆は4Bだったと思います。
でも、書道は下手でした。まず思うように手が動いてくれません。

最近は手紙を書くことはめったにありませんから、とても助かっています。
短いメールなら、携帯で事が足ります。長いメールはPCで。

お正月などに、印刷ではなく、筆で書いた年賀状を頂くと、とても嬉しかったものです。
書道を習って、賀状を筆でなんて、大それたことを考えているわけではありません。
ただ、なんかの時に小筆で葉書が書けたらいいなあ、程度です。

今一つ、これからもっと年を取って、延命治療云々の話になったとき、
私は楽に終わりたいと思っています。

治る見込みがある病気なら、経済的に可能なら、管を通して、苦しい思いをしても治してもらいましょう。

でもただの延命だけなら、管を通して無理に栄養を入れなくても、食べられなくなった時点で、
体力が無くなり、静かに逝けるそうです。これが一番楽だと、先日の講演の時、介護のケアアドバイザーの
方から伺いました。
でもこれを受けるには本人直筆の書き物がないと、現時点ではどうしても延命治療になってしまうそうです。

この先、高齢化社会が進んでゆき、保険料が国の予算を圧迫するようになれば、
自然とこの流れになってゆくのではという気もしますが、現時点では無理なようです。

で、この直筆の書き物を習った書道でと考えています。

それと余談ですが、人間の器官の中で、呼吸が途絶えても最後まで生きている部位があるとのこと。
それは「耳」だそうです。

長い間の介護でくたくたになった人が、病人の息が途絶えた時点で、「やっと解放された」なんて言わないで、とのこと。
亡くなった方の耳に聞こえている可能性があるらしいのです。
『最後まで介護してくれてありがとうの感謝の気持ちが宙に浮いてしまいます』
と、おっしゃいました。


久しぶりの登場です。
「ヤマガラ」
E71_7497.jpg


E71_7495.jpg


「ヨシキリ」
E71_7471.jpg


E71_7475.jpg


E71_7478.jpg


もう終わってしまいました。初夏の花。
「ハルジオン」
E71_7503.jpg


E71_7504.jpg


小鳥さん用の小さい実です
「ヤマモモ」
E71_7512.jpg


これも小鳥さん用、小さいです。
「ビワ」
E71_7491.jpg


E71_7492.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝








2017/07/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 10edit

大活字本 

読書は好きだけど、この年になると小さい字は読み辛い。
私は極端な近視ですから、いつも近視用メガネをかけています。
ところが、新聞や本などの近い場所で読むものは読みづらい。

眼の悪くない人はここで老眼鏡をかけるのでしょうが、私は近視用の眼鏡をはずすと、
近くのものがよく見えます。
買い物などで使うキャッシュカードの裏の小さい文字もメガネをはずすとよく見えます。

普段は眼鏡を使っていないが、手元の文字を読むのに老眼鏡をかける人と、私は反対の行動になります。
どちらにしても年を取るということはこういうことで、今までと同じでは不具合がでてきます。

読書も、近くの図書館を利用していますが、
普通の活字では読みずらい。
ところが少し前から「大活字本」というのが置かれています。
私たち団塊の世代の読書用と言うことです。

私たちは戦後の一番出生数が高い年の生まれです。
昔からゆりかごから墓場まで、競争率も高かったし、同世代が多い。

その同世代が、小さい文字が見えにくい年代になってきたということです。
普通の書籍はこんな感じですが、
DSC_5220.jpg

大活字本になると、
DSC_5219.jpg

こんな感じで、かなり文字が大きくなります。
私はものすごく助かっています。

先日までに、池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」24巻読破しました。
楽でした。
私は「剣客商売」の方のファンなので、普通の文字の全巻を2回読んでしまいましたが、
今はこれの大活字版が出るのを待っているところです。

「キビタキ」
これは6月5日の撮影のものです。この日以降残念ながらキビタキを見ていません。
声はしているようですが、姿を見せてくれません。
子育てが一段落したらまた姿を見せてくれるでしょうか。
E71_7464.jpg


E71_7462.jpg


「ヨシキリ」
賑やかな声で鳴く愛嬌のある鳥ですが、数日前に芦原がきれいに刈り取られていました。
それ以来姿を見せません。
どこかに引っ越ししたのでしょうか。
散歩道の途中にある芦原だったのに、その道を通る楽しみが一つなくなりました。
E71_7385.jpg


E71_7397.jpg


「ツバメ」
たぶん子供でしょう。親鳥が運んでくる餌を待っています。
E71_7316.jpg


E71_7330.jpg


「ムクドリ」
E71_7290.jpg


「マガモ」
E71_7289.jpg


「菖蒲」
E71_7303.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/07/16 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 16edit

お菓子づくり講座 

住んでいる自治体で、色々な講座を開催している。
住民の参加は無料、材料費等は実費が要りますが、習い事でお月謝がいらないのは何とも魅力的。

ずっと家事と仕事で、習い事など何もしていないのでこの機会に、3講座受けることにしました。
まず、第一は「お菓子づくり講座」

説明書きによると、簡単な洋菓子のようである。

私は和菓子が好きで、見よう見まねで作ってきた。
羊羹、柏餅、だんご、ぜんざいなど。
洋菓子は?洋菓子と言えるかどうか、「ホットケーキ」位は焼いたことがあるが。

その一回目。
二品。
一つはプリン、
あと一つは、焼き菓子。

講師の先生も50代ぐらいでしょうか、気さくな方でした。
一テーブルに4人で、4テーブル。
多過ぎず、少な過ぎずの人数でした。

材料を計って焼くのですが、カラメルから作るので、ちょっとまごつきましたが、なんとか。
と思ったのですが、大失敗!

カラメルは成功したのですが、プリン本体に砂糖の入れ忘れ。
何とも、お味は!?
ちゃんとできていても、売っているのよりは甘くないという話でしたから。
正直、卵と牛乳の味しかしませんでした。

持ち帰ったのを試食した娘、「これにお砂糖が入っていたら、おいしいと思うよ!」ということ。
残念!

あと一つは、「ブラウニー」と言う焼き菓子。
聞いたこともない名前ですが、焼き菓子としては一般的なもののようでした。

材料は、チョコレート、バター、卵、砂糖、牛乳、薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、くるみを
混ぜて焼くだけ。
普通は型に入れて焼くようですが、使ったのは空になった牛乳パックを縦に二つに割って、型を作り焼きました。
直接生地が当たるところはクッキングペーパー、その外はアルミホイルですから、キチンと焼くことができました。

洋菓子を作るなど、初体験。
実は娘、私と違って、洋菓子を小学校一年の時から作り始め、6年ごろにはクリスマスケーキ、特別高価でなく
普通に売られているのよりおいしいものを作っておりました。

この娘に私が初めて作った洋菓子を見せた時は親子が逆転。

「何作ったん?」と、娘。
「えーと」名前すら忘れてしまった母。
「見たらわかるかなあ、一般的な焼き菓子やそうだから」と、母。
牛乳パックに収まって、アルミホイルで巻いた一面しか見えない菓子を見て、
「ブラウニーやなあ」と、娘。
「さすが、こんだけでわかるんや」と、びっくりする母。

少し切り取って、口に入れて、
「うん、美味しい、美味しい」と、初めて菓子を作った子供に言うようなセリフ。

しばらくして、私と夫が味見した残りを食べておいてもらおうと、
「えーと、あの焼き菓子、名前又忘れた……」
娘、
「ブ」
「えっ、ぶ?、ああ、ブが付くんやねえ、ブ……」
ちょっと考えていたら、思い出しました。
「ブラウニー、まだあるから適当に食べておいて」
やっと会話になりました。

ン?

これって、脳訓練!?

やっぱりね。
私のこの性格、夫も娘も心配してるんや。

ありがたいけど、ちょっぴり悲しい!


キビタキ
最近あまりお目にかからなくなった。これらは5月末撮影の分ですからずいぶん前です。
E71_7268_01.jpg


E71_7271_01.jpg


E71_7276_01.jpg


E71_7278_01.jpg



イバラ
E71_7281.jpg


キンシバイ
E71_7282.jpg


タンポポとアカツメクサ
E71_7283.jpg





a href="//senior.blogmura.com/senior_dankai/ranking.html">
にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/07/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 11edit