05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

夫が言う悪口 その2   

毎日のように出かける公園の散歩道。

もう冬鳥は暖かいところに去っていってしまったようで、
あまり見かけなくなった。
入れ替わりにやって来る夏鳥は、たまには見かけるけれど、まだ数は少ない、
というか、会う機会はまれである。

ただ少しずつ濃くなってゆく新緑に、目を休めながら、
ただゆっくりと歩くのみ。

季節とともに移動しない、雀や、メジロ、シジュウガラたちはいるけれど、
これも又、会う機会は少ない。

シジュウガラの声だけは、聞こえている。

スッピン、スッピン、
その度に、

「これでも化粧しているの!」
「これ以上は無理なの」
「仕方ないの、こんなんやから!」

ウム?!なんか増えてる!
もう、かまってやらない!!!!!

えっ!?登り坂!
手摺はない。

無理なのよね。

脚力はだいぶついてきたけど、上り坂、下り坂は上体がふらつく!
支えはほんのちょっとでいいけど、要るんです。

傾斜の急な上り坂、下り坂は、夫はそれなりに心の準備をしてるようだが、
これだけの坂?と、思うような坂でも、要る時は要るのです。

急だと心の準備ができてないらしい。

「えっ!」

顔に、心の準備ができてない!
と、書いてある。

何で心の準備がいるねん!?

妻や!妻や!

仕方ないのよね!まだふらつくから。

それなのに、夫はまるで悪鬼羅刹に出会ったような顔をする。

「なんという顔をしてんねん?!」
と、夫を非難する。

「なんという顔をしてんねん?!」

夫はおうむ返しで、
私の顔を見ている。
(これも、腹が立つ。普通の顔やし!)

夫、すぐに、手の平を下に出して、

「ファイト、オー!」

「そんだけ掛け声をかけな、妻の手を引っ張られへんのか?、ありえへん!
私って、何者やねん?!」

新しい心の準備は、これ?!
でした。

観客のいない夫婦漫才は続くのです。



いつもの散歩道。
はや初夏のムードです。
暑くなし、寒くなしで、歩くには一番いい季節かもしれません。


DSC_5426.jpg



DSC_5423.jpg



DSC_5437.jpg



DSC_5456.jpg



DSC_5460.jpg







にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


2018/05/04 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

孫の成長 

ゴールデンウイークになってすぐ、息子一家が来てくれた。

子どもたちを遊ばせて、その帰りにうちで晩御飯でも一緒に食べようということだ。

我が家でご馳走と言えば、「お寿司」である。
それだけでは愛想がないから、息子が前に美味しいと言ってくれたほうれん草の和え物と、
夫が最近盛んに美味しいと言ってる旬の「筍煮」と、新玉ねぎのスライスサラダを添えることにした。

ゴールデンウイークに子供たちが喜ぶ場所と言えば混雑が予想される。
早く出かけて、早く帰っておいでと言ったら、息子たちもその辺は予想していたようで、
思ったより早くやってきた。

遊園地も、途中の道路もほとんど混雑はなかったらしい。
そういえば、私たちが朝のうちに出かけたいつもの散歩道も、土、日はすごい人なのに、それほどではなかった。

多分、帰省組がそれぞれの故郷に帰っていったためではないかと思った。
高速道路などはそれなりに混んでいたのではないかと。

夕ご飯まで、トランプなどをして遊んだ。

下の孫は、工作や絵などを書くのが好きで、芸術家タイプ。
そこで、娘が私用に用意してくれた、猫のデザインの「大人の折り紙」が少し残っていたので、
「折ってみる?」と言ったら、
気に入ったようで早速折り始めた。
流石私より早くて上手。(←バババカ)
ちょっと考え込むところもあったが、ばあばよりは早くきれいに織り上げた。

食事の後片付けを私とママ(息子の嫁さん)で始めたら、上の孫がやってきて手伝ってくれた。
自主的にやってくれたのが嬉しい。(←バババカ)

前回来てくれたときは、まだ遊ぶことに興味がいっていたのに。
そして、この前のお正月は私が入院していたので、我が家ではお正月どころではなかったから、
孫たちの成長に気付かなかった。

とても楽しいゴールデンウイークを過ごすことができた。



散歩道の新緑も少し濃くなってきたように思う。
時が経つのは早い。
気温が上がるにつれて、色々な花も咲き始める。
DSC_5397.jpg



DSC_5399.jpg



DSC_5403.jpg



DSC_5405.jpg



DSC_5406.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


2018/04/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 10edit

夫が言う悪口 

夫はよく私の悪口を言う。
私が平静でいられるのは、子供たちにとか、よその方に言うのではなく、私本人に言うからです。

昨年の暮れ、腰椎すべり症の手術をして、退院後ほとんど歩けなかった私が、杖を突いてでも、
転びながらでも、何とか歩けるようになったのは、毎日のように公園に連れ出して
歩かせてもらったおかげだと思っています。

それはとても感謝していますが、
この年の男性というのはこうも妻に対して悪口を言うものでしょうか、一種の照れ隠し!?
悪口と言っても、夫に言わせれば、オブラートに包んでいるから、なんのことやらわからへん・・・!と言うのですが、
すぐにわかるし、笑い上戸の私は、直ぐ笑ってしまいます。
ばかばかしくて怒る気にもなれないのですが。

この散歩道の広い公園ですが、歩くコースがなんとなく2~3種類ほどに決まってしまったのです。
その一つ、急な坂があるところで、私は滑ってしまって、怖くてしばらくはそこを通ることができませんでした。
迂回したり、他のコースを通っていたのですが、梅や桜が咲く季節になって、

やはりここを通りたい!

そんな気になって、夫と交渉。
だいぶ足にも力がついてきたから、通ってみたいけど、ちょっと心配だから、
手を引っ張ってくれる?そしたら、ドスンとこけることはないと思うから、と。

そしたら
「いいよ!」
ということで、簡単にOK!

夫も肺が4割しか機能していないし、呼吸器疾患もあるわけで、あまり負担をかけるわけにはいかない。

「さあ!」

と、登りだしたら、足に力を入れて、夫に負担をかけないように、
ただ、ふらつきだけをカバーしてもらうように加減したら、
すんなり登れた。

成功だった。

これからこのコースを行けば、いいわけだ。

次回も通った。

が、最近変だ。なんとなく変だ。

「なにしてるん?」
「うん、心の準備を・・・」
「なんの準備・・・?なるべく後ろに引っ張らんように、力入れてないと思うけど」
「うん、そんなんではなく、恐ろしゅうて……」
「何が恐ろしい?私手袋してるから、直接手に触ってないけど」
「あんたのお顔の印象…」
「何をいまさら、何十年見てきた顔よ!47年よ」
「ずっと、見てきてないし」
「よく言うわ。最初から見てなかったわけじゃあるまいし」
「化粧してたし」
「そんな厚化粧はしてません!」
こんな調子で、続く。
かまってられへん!

この公園は、色々な小鳥がやって来る。
そこで、小鳥を写したいカメラマンも結構やって来る。
私たちもそうなのですが。

小鳥の中で、ヒヨドリやスズメは余りにも多すぎるし、珍しくもないのでほとんど写さない。
シジュウガラは可愛い小鳥なのですが、この公園では珍しくないほど数が多い。
で、稀にしか写さない。

シジュウガラの鳴き声は、
主に スッピン!スッピン!
と、聞こえる。

これが聞こえてくると、夫!
「だから!」
何やら一人でしゃべりはじめる。
「これでも化粧してるんやから!」
「スッピンみたいに見えるかもしれんけど、化粧してるんやで~~~!」
「だから~~~!!」
うるさいったらありゃしない!

最近は、
「しゃあないやろ!ほっといて!これ以上は無理なんやから!」
なんて、好きなこと言ってる!

「誰に言ってるん?」
「シジュウガラ!」・・・「ずっと君の悪口ばっかり言ってるから、」

「シジュウガラ、違うやろ!あんたが私の悪口言ってるだけやろ」

「いや、すっぴんみたいやと言うてるし!」

「これ以上無理!って、なんやねん!」
「無理やから!!!」

「おとうさん!」

澄んだ青空一杯に響いていた鳴き声が、ピタ!っと止んだ。


ここは、色々な花が咲くエリヤで、梅や桜が散った後、ハナミズキ、山吹などが咲いています。
これからは藤の季節です。
やがて藤棚にさわやかな色合いの藤が姿を見せてくれると思います。


DSC_5380.jpg



DSC_5376.jpg



DSC_5393.jpg



DSC_5395.jpg



DSC_5385.jpg



DSC_5377.jpg



DSC_5388.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


2018/04/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

杖を片方だけにしてみたら 

今までウォーキングポールを両手に持って歩いていましたが、二十日ほど前、変に体をひねった転び方をして以来、
右肩が痛んで仕方ありません。
翌日が診察日でしたので、その旨を伝えると、レントゲン撮影をし、かなりの炎症がみられるということで、
少しきついめの薬と、湿布薬を出してもらいました。

その薬を飲むと、すぐ痛みがなくなりましたが、やはり日が経つと痛みが戻ってきました。
湿布も張ったほうが張らないよりは楽ですが、痛みは消えません。

そこで考えたのが、肩を使わない。
で、右手で持っていた杖を持たないようにしようかと。

普通杖は、『悪い方の足と反対の手に持つ』と、リハビリーの先生に教えてもらいました。

私の場合は右足が悪いので、杖は左手、ということになります。

すると、右手が空くので、もし転びそうになっても右肩にダメージを受けることはなさそうなのです。 

杖を左手だけにしても、普通に歩くのは大丈夫そうですが、
上り坂や、下り坂はちょっと不安でした。

何とかなるだろう、足の筋肉もついてきたことだし。
見切り発車で、杖は左手一本だけ。

階段はオッケーでした。手摺の付いてる階段も多いので。

やはり問題は、上り坂、下り坂。
地道はほとんど何とかなりましたが、枯草一杯の坂は無理でした。
散歩道は一人ではいけませんので、同伴者に助けてもらいながら、
しばらく右肩を開放してやろうと思っています。
よろしくね、相棒さん!じゃなくて相棒様!


大池周辺にて
DSC_5370.jpg


DSC_5356.jpg


DSC_5359.jpg


DSC_5364.jpg


DSC_5362.jpg
    

DSC_5366.jpg


DSC_5367.jpg






にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2018/04/22 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 13edit

友人Oさんが、嫁ぐ娘A子ちゃんに送った言葉 

昨今は、長男でも結婚をすると、親と別居するケースが増えています。
母の時代(現在90歳代)では、長男と結婚するとほとんど夫の親と同居していたようです。

この時代は親の権力が強く、又自立できる女性も少なく、お嫁さんによっては、
とても辛い思いをしたと聞いています。

だから自分の娘は長男には嫁がせない、この母の力が、核家族への流れを後押ししたのかも。
そして、自立できる女性が増えたことも。

現在の既婚の男の子を持つ母親は、「昔みたいに嫁いびりなんかしないわよ、仲良くしましょ」
と、息子夫婦が来てくれることを待ち望んでいる。そんな方が多いように思う。

こんな時代、友人Oさんは、嫁ぐ娘A子ちゃんに言ったそうです。
「あなたが嫁いで、1年も2年もこの家に帰ってきてくれなくても、元気でいてくれたらそれで嬉しい。
いつまでたっても私はあなたのお母さんであることに変わりはないわ。
だから、できる限りお婿さんのお母様のところに行って、本当の娘にしてもらいなさい」

このような言葉で、A子ちゃんを送り出したそうです。

息子を持つ母としては、このようなお母さんが育てた娘さんに来てもらいたいと思う方も多いでしょうね。

ところが、A子ちゃんは嫁いですぐしょぼんとしてOさんの所にやってきたそうです。
訳を尋ねてみると、

お姑さんは、息子(A子ちゃんの夫)に、「うちに来るときはA子ちゃんを連れずに一人で来て」
と、言ったそうです。

訳を尋ねてみると、このお姑さんは最近ご主人(A子ちゃんの舅)を亡くされたばかりで、一人で何にもできなくて、
何やかやと息子に相談しているそうな、息子に言わすととても頼りない母親らしいのです。
そんな頼りないところを嫁に見られたくないから、息子に「一人で来て」ということになったらしいのです。

その頼りない姑さんのお気持ちもわからないではないですが、何とももったいない話だと思います。
うまくいかないものですね。

世の中に、Oさんのような嫁の母親が多いと、嫁、姑の多くがもっと仲良くなれるのにね、
と、思ったものでした。


新緑をちりばめた散歩道を、ゆっくりと歩きます
DSC_5349.jpg


公園の中央、大池に向かう道です
DSC_5351.jpg


大池の周りには、メタセコイアの樹々がたくさん並んでいます
DSC_5354.jpg


ちょっと欧風な感じがします
DSC_5358.jpg



DSC_5363.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2018/04/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 7edit