FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

友人Oさんが、嫁ぐ娘A子ちゃんに送った言葉 

昨今は、長男でも結婚をすると、親と別居するケースが増えています。
母の時代(現在90歳代)では、長男と結婚するとほとんど夫の親と同居していたようです。

この時代は親の権力が強く、又自立できる女性も少なく、お嫁さんによっては、
とても辛い思いをしたと聞いています。

だから自分の娘は長男には嫁がせない、この母の力が、核家族への流れを後押ししたのかも。
そして、自立できる女性が増えたことも。

現在の既婚の男の子を持つ母親は、「昔みたいに嫁いびりなんかしないわよ、仲良くしましょ」
と、息子夫婦が来てくれることを待ち望んでいる。そんな方が多いように思う。

こんな時代、友人Oさんは、嫁ぐ娘A子ちゃんに言ったそうです。
「あなたが嫁いで、1年も2年もこの家に帰ってきてくれなくても、元気でいてくれたらそれで嬉しい。
いつまでたっても私はあなたのお母さんであることに変わりはないわ。
だから、できる限りお婿さんのお母様のところに行って、本当の娘にしてもらいなさい」

このような言葉で、A子ちゃんを送り出したそうです。

息子を持つ母としては、このようなお母さんが育てた娘さんに来てもらいたいと思う方も多いでしょうね。

ところが、A子ちゃんは嫁いですぐしょぼんとしてOさんの所にやってきたそうです。
訳を尋ねてみると、

お姑さんは、息子(A子ちゃんの夫)に、「うちに来るときはA子ちゃんを連れずに一人で来て」
と、言ったそうです。

訳を尋ねてみると、このお姑さんは最近ご主人(A子ちゃんの舅)を亡くされたばかりで、一人で何にもできなくて、
何やかやと息子に相談しているそうな、息子に言わすととても頼りない母親らしいのです。
そんな頼りないところを嫁に見られたくないから、息子に「一人で来て」ということになったらしいのです。

その頼りない姑さんのお気持ちもわからないではないですが、何とももったいない話だと思います。
うまくいかないものですね。

世の中に、Oさんのような嫁の母親が多いと、嫁、姑の多くがもっと仲良くなれるのにね、
と、思ったものでした。


新緑をちりばめた散歩道を、ゆっくりと歩きます
DSC_5349.jpg


公園の中央、大池に向かう道です
DSC_5351.jpg


大池の周りには、メタセコイアの樹々がたくさん並んでいます
DSC_5354.jpg


ちょっと欧風な感じがします
DSC_5358.jpg



DSC_5363.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2018/04/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 7edit

コメント

まず、Oさんの素晴らしさに、感銘をうけました。
そのように、娘に云い切れることは、これまでの母娘の関りのなかでも、
きっと一本筋が通っていらしたことでしょう。

わたしも、お千さんの言われる、
もったいない、こう感じました。

人としてあるまじき道を、きちんと躾けられた方をお嫁さんにされたもですもの。
けど、人の心もまた難しい。

夫は、京都行は留守番していました。
更年期障害を患ってから、高速道路を運転できなくなったわたしに気遣ってくれたのですが、踏ん張りました。
のろのろ運転で。(;^_^

ですから、大原の里はちょうど、精神衛生上よかったのです。
何にも考えず、ただ里山を見ているだけで。(^^♪


窓 #C6mduWPs | URL | 2018/04/18 10:38 * edit *

窓さんへ

うちもそうですが、家族みんなが気遣って、一番過ごしやすい場所で過ごすほうがいい年になりました。
Oさんは素晴らしいお母さんです。見習わないとと思いました。
A子ちゃんのお姑さんも、OさんやA子ちゃんの素晴らしさに早く気づいて、幸せになってくれたらいいですね。

窓さんも大原でいい時間を過ごされてよかったですね。
心の栄養たっぷりですね。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2018/04/18 13:03 * edit *

私に息子がいたら、こんなお嫁さんに、やっぱり来て欲しいかなと思いました。
もったいないことですね、本当に。
世の中うまくいかないものです。
でも多分、お姑さんも、今はご主人を亡くされたばかりで心が落ち着かないのでしょう。
ご主人を全身で頼りにしていたんだと思います。
もう少し時間が必要なのかもしれませんね。

私は娘が結婚するとき、嫁に出すという感覚ではありませんでした。
Oさんのようなしっかりした気持ちも覚悟もなく、旅行にでも出すように気楽に出してしまいました。
未だにそんな感じ。
むしろ、いつまでも親は生きていませんから、良い婿殿に引き取ってもらって良かった良かった、肩の荷が下りた。
そちらのお父さん、お母さん、よろしくね!・・・みたいな。
さらに結婚することによって、人生の土台をしっかり築き、楽しく生きて行って欲しいと思ったことを覚えています。
自分自身の時もそうですが、娘結婚自体を特別なこととして受け止めていないのかもしれません。
親としても人としても変かもな、と思うことが時々あります。

鍵コメさん #- | URL | 2018/04/18 21:33 * edit *

すみません、上のコメントは、さくらえび、でした。

さくらえび #- | URL | 2018/04/19 14:26 * edit *

さくらえびさんへ

>結婚自体を特別なこととして受け止めていないのかもしれません

そういう考え方も素敵だと思います。自分のものとか、嫁に行った先の物とかいうのではなく、そう、人生の土台をしっかり築き、楽しく生きて行って欲しいと思える結婚。

徐々にそういった思いの方が増えてゆくかもしれません。今は過渡期かな。人生100年の時代に進みつつあります。親もしっかりしなくてはね。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2018/04/19 18:07 * edit *

あれまっ! 本当にもったいない

私なら、息子そっちのけでおいでおいで♪
姑の考え方が昔のママかな?!
これは、息子の考え方にもあるのよ
家なんって、家庭内のことは母と私の問題とノータッチ
たまたま、姑も育った環境が似ていたので良かったのかもです。

あぁ~もったいない。もったいない(;^_^A

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2018/04/22 09:25 * edit *

コロコロさんへ

ねっ、もったいないでしょ!
うまくいかないわね、世の中って。
私もできる限りOさんのように娘を送り出したいって思っていたのに、、まだいます。
コロコロさんもいい嫁だったよね。私も姑が生きていたら、仲良くできたかもって。夫の姉とは、本当の姉妹みたいです。姉の方が気を遣ってくれていますが。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2018/04/22 12:54 * edit *

コメントの投稿
Secret