FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

喪中はがき 

毎年、年賀状が売り出される頃になると、
「喪中はがき」を頂く。

今までは、ご本人や配偶者のお父様、お母様が多かった。
今年はなぜか、配偶者が。
そして、年下の方のお父様お母様でも、もう私とあまり年の違わない方の「喪中」のお知らせ。

そういう年になったのだとしみじみ。

平均寿命や、健康寿命にはまだ遠いけど、今年は寿命を考えてしまう。
終活も少しずつ。
と思っても、終わりがはっきりしない今、使うものは置いておきたい。

いなくなれば捨てるだけでよいのだから。
子供たちには悪いけど、置いておこうかな。

今は、要るか、要らないか、どうしよう?の思案の時間がかなり掛かる。
ああ、捨てるんじゃなかった!なんてのも嫌だし、
もしかしたら、捨てたことすら忘れてしまうかもしれない。

さっさとと片付けて、後はのんびり暮らした方がいいけど。

今、片づけながら、一つの案がある。
二か月に一回ほどこの片付けをすると、
1、これはここにある、という記憶の確認。
1、前回は要ると思ったけど、今は要らないなあと思える物を捨てることができる。

何回か片付けることで、少しずつ整理をしていけるのでは。

衣類は相当片付けた。
もともと少なかった上に、着ることに関心が薄く、ほとんど買い足してない。
節約にはこの衣類が一番効き目がある。
増やそうと思えばいくらでも増やせるし、買わないようにしようと思えばそれもできる。
同じものを何十年も来ていたものもある。
破けていなくて、
もし着ようと思って出してみて、思ったほどに着心地がよくなければその都度捨てていけばいい。
その方が失敗が少ない。

あれやこれやと思いながら、片付けをしている最近の日々である。


ヤマガラ  今年はよくお目にかかった馴染みの小鳥です。
E71_9083.jpg


E71_9084.jpg


E71_9085.jpg


キセキレイ  非常に過敏な小鳥で、なかなか近づけません。
E71_9300.jpg


ビンズイ  初登場の小鳥です。なかなかお目にかかることができません。ラッキーでした。
E71_9357.jpg


E71_9364.jpg


アトリ  私は初めての撮影ですが、最近よく群れて飛んでいるのを見かけます。
E71_9469.jpg


E71_9493.jpg


シジュウガラ  毎度お馴染です。
E71_9081.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


 


スポンサーサイト
2017/11/22 Wed. 00:05 | trackback: -- | comment: 10edit

コメント

一番困るのは、個人の知り合いにどう伝えるか、金銭に支払いなどをどうするか、預貯金はどこにあるか、なんでしょうかね。美羽少ししたら、終活ノートにはっきり記載しておこうと思います。
自分でも調べないとわからないくらいなので、…。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/11/22 09:54 * edit *

AzTakさんへ

夫と二人、どちらかが先に逝ってからでいいのではないかと思っています。でも交通事故など、同時にというのもありますね。
ちゃんと考え直さないといけないですね。
ほかせば済むだけのものなら、ほっておいてもなんとかなるものですから。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/11/22 14:47 * edit *

私は最後はハワイ島かモロカイ島への散骨を娘にお願いしています。
もしくは富士山の樹海に撒いてもらうか?
ついでに思い出も楽しく南の海に流して頂きたいので少し残すつもりでおります。
散骨バカンスですかね。
葬式も要らないし、お墓も要らない、写真も残さなくていいよと。
自分がこの世に存在した痕跡を残したくないので。
私もエンディングノート、そろそろ書き始めようかな。
あとは気が向いた時にちょこちょこ断捨離中。
今日は冷蔵庫の中の「食べるつもりで食べないもの」や「賞味期限の切れた食品」などを捨てました。
最終的にはお千さんの仰るように、どちらかが欠けたら大掛かりに処分して生活を小さくすればいいかな、と。
それでもやっぱり衣類はなかなか減りません。
昨年自宅をリフォームした際かなり売ったり捨てたりしたはずなのに、いつの間にやらまた増殖。
季節ごとに見直してはいるつもりですが、自己嫌悪(とほほ)
だけど、大型家具を処分し、和服を売り、客用布団を捨て、コタツを捨て、和室を潰したことでかなり身軽になったような気はしています。
自己満足ですが(あはは・・・)

さくらえび #- | URL | 2017/11/22 21:46 * edit *

あ、そうそう!
一番厄介なヤツがありました!
それは、脂肪です。
ヤバイ…

さくらえび #- | URL | 2017/11/23 07:12 * edit *

ここに来させていただくと、ワン散中見ている小鳥たちが
何種類もあるって事気付かされます。
まぁ、私には識別できませんがここで楽しませてくださいね。

終活は・・・身の回りのことも大切ですが
世帯主(私の場合1人暮らしですから=世帯主)が死ぬと手続きが大変です。
私は、舅、主人、亡き養父母の手続きをしましたので
その煩雑さ身をもって経験しました。
さて、末っ子にこれが出来るか・・・なぁんってね。 アッハハ
少しは書き置きが必要かもです。
親はいつまでもいないんだぞってね(笑)

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2017/11/23 08:51 * edit *

さくらえびさんへ

かなり頑張りましたね。
思い切りもいい。
私はもともと持ってるものが少ないので、中々捨てられない。
多いのは写真ぐらい。
これは整理できそうです、かなり時間がかかりそうで、過去も楽しく振り返りながらやるでしょうから。
片付けて、又片付けての繰り返しで、終わりまで行くのでしょうね。
夫は、子供たちが片づけに困るものからやっています。
私のは捨てれば終わり、ですから、手間だけ、困るものはないと思いますが。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/11/23 14:33 * edit *

さくらえびさんへ Ⅱ

(笑)
こちらも同じですが、大丈夫。
この世で起きたこと(ため込んだものも)、この世で収まる。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/11/23 14:37 * edit *

コロコロさんへ

死後の手続きねえ、ほんと大変みたいですね。
先逝ったもの勝ち、かもしれませんね。

揃ってるうちに、できる物から教えてもらって、
身軽になっておきたいような。

コロコロさんは残すものがあるのですから、少しは我慢してもらいましょう。
うちは、そんな古い家要らんわあって言われそう。

お千 #- | URL | 2017/11/23 14:42 * edit *


今年の喪中の異変に心を痛めて居ます。

其れは 私の高校の同窓生の息子さんが亡くなられ
ご近所の同年輩の友人の娘さんが
癌で余命が無いと宣告され
今年 娘の友人も癌で亡くなりました…。

未だ若いのに どうしてこんなにも早く
逝ってしまわれるのか?

遺伝子か何かのメカニズムが狂ってしまったのか?
体内に取り入れるものは気をつけたいですね。

毎日 スッキリと住み心地の良い環境作りを目指すと
断捨離にも繋がると思い
目を皿の様にして捨てるものを探しています 笑)


身体が元気なうちの断捨離は
気持ちが惨めにならず 良いかも知れませんね。







優 #- | URL | 2017/11/25 20:53 * edit *

優さんへ

子どもの世代の喪には心が痛みます。
これからの時代を背負ってもらわないといけないのにね。
こればかりは年の順とはいかないようです。

断捨離をしてすっきりした環境で、暮らすのがいいのかもね。
娘が自分の断捨離を済ませた後、私の領域までし始めて、「あっ、あれ古いけど、しょっちゅう使ってたのに」のものまで、捨てられていました(涙)
古いけど、大事なものは隠しとかないと、母娘の戦いが始まっています。
でも9割は捨ててもらってよかったと思いますけど、後の1割がね。
捨てられているのに、まだ気付いてないものもあるかも!

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/11/26 14:49 * edit *

コメントの投稿
Secret