10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

線路脇に佇む父 

私は23歳の時大阪に出てきました。

それまで、ちゃんといい仕事についていました。
貧しい中で私たち4人の子供たちを育てた両親は、私についてはやっと一安心というところだったと思います。

私は若くて青かったということでしょう。難しいと言われていた仕事に案外すっと入れて、
いい気になっていたのだと思います。

その頃PCの走り、電子計算機が登場していました。媒体は何と紙テープ。
大企業でも取り入れているところは少なかったものです。
そこに配属されて、室長の指令のもと、プログラムを組み、給与計算から、様々な仕事を
計算機に載せるプログラムを組む仕事をしていました。

プログラムは最初、数字で組みました。テープの穴の位置で文字を読むことができる初期の初期でした。
私は数字をいじるのが好きでしたから、結構楽しかった。
そして研修で、大阪まで出張したこともあります。
そこで知り合った方が、こんな仕事苦手で、嫌いだと言っていたのを覚えています。
やっぱり人には向き不向き、好き嫌いはあると、後になってよくわかりました。

私はこの仕事がしたくて、大阪に出てきました。
母は好きにしなさいと言ってくれましたが、父は反対しました。
今ならわかります。
若い娘が都会に出て、そんなにうまく仕事がゆくわけがないとか、悪い男に騙されはしないかとか、
心配したと思います。今仕事がないわけではない、安定したいい仕事があるのに、
それを捨ててまで、不安定な未来に進むのをすごく心配したのだと。
でも私は、自分の意志を通しました。
私が大阪に旅立った日、丁度その線路沿いで仕事をしていた父は、私を載せた列車が通り過ぎた線路わきに立って、
その列車の消えていった先をずっと見ていたと、後になって一緒に仕事していた兄に聞きました。

その時の父の気持ち、今ならわかります。
お父さん御免なさい。
私が傍にいたら、心配もかけずにお父さんの老後もいっしょにいて、話し相手にもなれただろうに。

大阪に出る前でしたが、計算機もどんどん大型化してゆき、媒体もカードが使われるようになりました。
そのころ病院のレセプト(医療報酬の請求明細書)を、作成するプログラムを組むために、
レセプトとは何ぞやということで、病院の外科外来で勤めたりしました。

そのうち、これはこれからの仕事で、私には向いているように思えて、プログラムを組む仕事をするために大阪に出てきたのです。
そして、夫と知り合い、結婚をしました。
計算センターでプログラムを組み、在庫管理や給料計算などの仕事を受けてやっていました.
大変なこともありましたが、辛いと思ったことはありませんでした。

が、そんな仕事をしていて、最先端のプログラムを組む仕事ができるわけがないのです。
私はプログラマーの仕事から離れました。
家庭と事務職、自営、それからパートの仕事、定年まで勤めることができました。

定年を迎える最後の一年、私は医療事務の資格を通信講座で持っていたので、薬局で勤めました。
その時に、40数年ぶりにレセプトコンピューターに出会いました。
あのレセプトがコンピューター化されていたのです。当然のことではありますが、感慨深いものがありました。
ここまで、あのレセプトがコンピューター化、その一語でした。

プログラマーの夢を抱いて故郷を離れる娘を、線路脇で見送ってくれていた父と、それ以来触れることのなかったレセプトコンピューターを
人生最後の職場で使った因縁が少し悲しくも思える。

でも父は母と共に大阪に何度か来てくれて、私たちの二人の子供をそれは愛おしそうに抱いてくれた姿を思い出すと、
慰められる思いもあるのです。





コツコツと木をつついていますから音で存在がわかりやすいです。日本で一番小さなキツツキさん。
「コゲラ」
E71_6846.jpg


E71_6892.jpg


E71_6898.jpg


「水蓮」
E71_6929.jpg


「スズメ」
E71_6831.jpg


E71_6927.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/06/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 10edit

コメント

おはようございます。

コゲラ君?いや、ちゃん? これからコツコツ巣を作っていくんですね
なんだか感動してしまいました。ゼロから作るなんって♪
えらいっ!! ガンバレ~~

あの時代は大きなコンピューターがあって、穴あきの大きなリボンが機械に付いてましたっけ。
プログラムを組むなんって事は無縁でしたけれど、触るのは結構好きで
最初に勤めた医薬品卸会社では毎日TELEXと発注で向かい合っていました。
時には、向こうから質問が来たりしてリアルタイムで文字が出てくる・・・
違う意味で楽しかったのを覚えています^^
これがPCと向き合う第一歩で、その後Win95から始まりました。
たいした知識も無いのに、1週間の講習で後は自力とネット友(若者)の応援
40代後半は世間が広がった事が今の私につながります。

お千さんを四国から送り出したご両親はご立派です。
同時に、きっとあなた自身もご両親を納得させられるだけの意思があったのでしょう。実際、願ってもなかなかつけない職業に就いてましたもんね。
残業は少ないし定時に帰ることができる・・・今や、益々難しい就職先です。

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2017/06/18 07:15 * edit *

コロコロさんへ

コゲラの雄はとてもまじめで、雌と一緒に子育てもする
まじめな夫らしいですよ。地味な小鳥さんですが、とにかくまじめ!

今ではコンピューターを使うのもやっと、分からなくなったら夫に頼っています。その度に、「あんたプログラマーやろ!」と言われますが。
私の場合、劣化が早いのでしょうね。早く熟れたけど(笑)
その点コロコロさんは偉い!ネット友に習っただけでここまでできるのですから。

父親の言うことを聞いていたら、年金のなかった親たちも苦労させずに済んだでしょうにと思いますが。

たら、ればはないのが人生です。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/18 10:35 * edit *

そうでしたか。あの頃にプログラマーをなされていましたか。すごいですね。
私も、情報処理部門に勤務したことはありませんが、情報処理技術者試験合格者の一人で、システム監査の資格をとりました。完全なるペーパーライセンサーです。

プログラミングは趣味でやっていて、昔はターボパスカル、その後のデルファイなどを使用して、ゲームなどを自作していました。
デルファイがバージョンアップの度に高くなるので、ゲーム自作はあきらめ、今は、身の回りのことをエクセルのマクロでプログラミングしています。エクセルさえあれば、付属しているマクロ言語に関しては、特別な使用料がとられません。安心して、取り組むことができます。
『55555の55555乗の下4桁の数字を答えなさい』なんて問題を、1分くらいで解いたりしました。数学頭のないやつでも、何とか食らいつけば、できるものだと思ったりしています。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/06/18 14:14 * edit *

AzTakさんへ

最初はよかったのですが、進んだ先が悪かった?!
余裕がなかったのか進んだ先が畑違いだったのか、プログラミングなどあれ以来全くやっていません。
今ではPCを使うのも、使われているといった感じで、わからなくなったら夫に教えてもらっている状態です。
最初の上司からですが、入社時は女性軍が圧倒的に優秀ですが、一年でひっくり返りますと。なぜかわかりませんが、今なら納得できます。

AzTakさんは数学がお得意なようにお見受けしていますが。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/18 15:02 * edit *

おはようございます。
ん〜〜、なんとなく・・・私が知っている
PCの、走りはレコードのドーナツ盤のヘロヘロみたいな物に、プログラムを打ち込んで作る?ような・・・
数式と記号を入れて作成?
数回のレッスンで挫折しました(・・;)
弟がこれからはPC時代だと、会社でPCを
購入して、プログラムに一人で
膨大なデータ入力してまして、そのヘルプが出来るかな?と 内緒で学習しましたが
挫折 ・・・って、私が考えていた内容と
ちょと違ったのです。
元々 数式弱いし・・・です
いまや、隔世の感ありですね

joyママ #195Lvy4Y | URL | 2017/06/19 05:14 * edit *

joyママさんへ

ドーナツ版が出てきた辺りはだいぶ進んでいるような。
紙テープ、紙カードなんて、初期も初期、今から考えると幼稚園以下みたいな駆け出し的な感じです。
進むのが早いですね、もうとてもついてゆけませんが。最初は目で追えるような感じだったのですが。
今のPCでも苦労しています。へそを曲げられると、立ち往生です。
私たちの年代から上は両極端ですね。うまく使いこなすか全くダメみたいな。何かの助けになるのでは、とか、やってみようという意欲はとても大事だと思います。
これも向き不向きがあるような、私の場合、何とか使えているからよしとしましょう(笑)

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/19 14:31 * edit *

似ているようで、非なる^^

こんにちは~~~♪
僭越ながら、ある意味、お千さんの来し方と、少し似通った経験をした私ですが。

数字にはまったくもって、今も見るのも嫌い、頭痛がするという私は、数学にはほんとに泣かされました。

文系に進むと決めていましたけれど、どうして世の中にこんな学問があるのかと、怒りさえ覚えました。(;^_^

娘も、同じことを今も言います。
ところが、夫は、お千さんと同じような職に就き、数字が大好き。
夫婦って不思議なものだなって思います。

ご両親の想いを読みながら、私の父母も、娘を東京に出すと決めたとき、
このような葛藤があったのかもと、今、哀しくなります。

窓 #C6mduWPs | URL | 2017/06/19 15:39 * edit *

窓さんへ

人はいろいろですね。
高1の終わりに理系か文系の進路の選択がありました。私は英語苦手、数学得意だったので理系を選ぶべきでしたが、仲のいい子がみんな文系だったので、仕方なく文系に進んで、ひどい目にあいました(爆)

まじめに勉強した私が、家庭の事情で勉強しなかった夫にいろいろ教えてもらっています。勉強ってなんだろ?って思うこともありますが、縁も不思議です。

親になって親の思いに気づき、申し訳なさでいっぱいです。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/19 15:58 * edit *

ご丁寧にありがとうございました

イレギュラーな時間にコメントを差し上げたからなんです。

ごめんなさい。
ありがとうございました!

窓 #C6mduWPs | URL | 2017/06/19 22:30 * edit *

窓さんへ

いいえ、とんでもございません。
私はぼんやりしていますので、色々と抜けております。
これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/20 14:17 * edit *

コメントの投稿
Secret