10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

授業より大切!? 

前回ブログで書きましたが、私たちは上高地をはじめとして信州各地の大自然を見ることが大好きでした。
仕事は自営業だったので、あまり長い休みは取れません。
でも年に3~4度程数日の休みを取りましたが、夏休み冬休みの他は、学校を休ませていました。
ちょっと引っかかるところもありましたが、そうしていたのです。

学校の先生も何もおっしゃらなかったのですが、上の子が中学2年の時に、
「来年は高校受験を控えた大事な時なので、休ませないでほしい」と、言われました。
それでそのようにしていたのですが、ある人にこの話をしたら、
「授業を受けるより、こんな大自然を見せるほうがよっぽど意義がある」と言われました。

私たちも自分の学生時代の経験から、なんとなくそう思っていたのですが、
同じような考えの人もいるのだなあと思った次第。

学校の授業は大切なのですが、うまく言えないけど何か足りないような気がする。
自分のことを振り返っても、学校で習ったことで役に立ったものもあるけど、なんか違和感がある。
好きで、勝手に調べて、掴んだものの方が役に立っている。

学校で、自分の好きなものを見つけて、それを生かす方向を見つけていくのが目的なら、学校は素晴らしい、と思えるのだけれど。
何か少し違うような気がする。

ふと『窓際のとっとちゃん』を、思い出した。
あの学習方法なら、私の疑問を的確に解決してくれる。


もうお馴染になってきましたが、夏鳥の「キビタキ」
私の大好きな鳥です。
去年は写真のお仲間たちのほとんどが、見たよ!というのに、私は見たことがありませんでした。
もう夏鳥が去ってしまう最後ともいえる日に、初めて見かけて写真を撮りました。
その嬉しかった思いが尾を引いているのかもしれません。
今年はよく見つけることができています。
E71_6806.jpg


E71_6807.jpg


E71_6808.jpg


「カワラヒワ」
E71_6743.jpg


E71_6747.jpg

スッピン、スッピンと鳴きます。「シジュウガラ」
E71_6686.jpg

飛翔、ラッキーな時はこんな場面が写せます。
E71_6690.jpg


E71_6693.jpg

お馴染のスズメ
E71_6706.jpg


E71_6707.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝




スポンサーサイト
2017/06/09 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

コメント

福島の中学にいたとき、中3の3学期を全欠しました。進学先は、両親がいる神奈川県の高校にしようと決めていて、神奈川県のアチーブメントテスト(県立高校受験には必須)、県立横須賀高校の入試、慶応義塾高校の入試などがあり、いちいち戻るのが面倒だったからです。
大義名分は立ちましたが、こんなに堂々と休んでよいものかと内心忸怩たるものがありました。

お千さんの時の事例だと、中2くらいだと、学校の教師として、当然のごとく、申し出るべき内容かもしれませんね。今だと、世界レベルの運動選手がいて、学校も堂々と休んでいるみたいです。どう折り合いをつけるかは、真剣に話し合いを持つ必要があると思います。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/06/09 15:40 * edit *

AzTakさんへ

事情があればあっていいでしょうね。
私たちの感覚では学校絶対の雰囲気がありましたからね。
休ますにはちょっと勇気がいりました。

まぁ無事に中学,高校と卒業できましたから、結果はよかったわけですが。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/09 15:53 * edit *

平均的な普通児?だったら・・・なかなか休ますのは難しいかなぁ?!
特に中学って、親が教えられる範囲じゃないし(笑)
でも、今時の若い子達のように秀でた子はもうそれで世間渡っていけるし
才あるなしで環境も随分変わります。(;^_^A

でも、数日ならお千さんのような行動は良いかも♪
確かに四角い教室だけでは学べない事いっぱいありますからね。
幸い?海外に留学したいなどという知能派はいなかった我が家
でも・・・言葉は通じなくっても身振り手振りでも
やっていけるのは若い内、私なら(その時、親に多少財があれば)願っていたかも
でもまぁ、そんな生活状態でもなかったし
高校にやってもらえただけでも有り難かった時代です。

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2017/06/09 17:53 * edit *

コロコロさんへ

私たち兄弟もちゃんと学校に行きました。
親にしたら、学校にさえ行ってくれたらそれでいい的な発想があったような(笑)。
でも貧しかったので高校は無理っぽい感じでした。上二人は何とか行かせたけど私と弟は?な感じだったので、先生に相談したら、日本育英会の奨学金制度を教えてくれて、試験を受けました。
授業料免除、学費は無利子で働くようになって返還しました。弟も同じくでした。ありがたい制度です。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/09 21:37 * edit *

蓮の花が綺麗ですね

ん〜〜〜確かに 夏休みも 父の休みと 私の登校日が重なって
家族旅行は殆どできませんでしたね
それ以外に 休みは〜〜〜無理でした
かえって、高校になってから 数学にミニ試験がある日は
めまいがする〜〜〜〜と、自主欠席?してましたが(苦笑)
青の頃は、メニエルが出てましたが  それに便乗して〜〜

お千さんが考える様な 子供と自然の繋がりという様な
教育的な欠席とは 程遠かったです(汗)

JOYママ #195Lvy4Y | URL | 2017/06/10 17:53 * edit *

JOYママさんへ

私たちの時とは違って、ちょっとリラックスしたような感じですね。
ああそうだ、私たちの同期の人でもいたかなあって思います。
私の周りはちょっと固めだったような(笑)

私は学校って休んだ記憶がない、丈夫だったし、風邪引いても熱も出ないし、「休みたいなあ」って思っても、鼻をすすりながら通いました。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/10 21:52 * edit *

こんばんは~

遅くにお邪魔します。
私も、お千さんご夫妻の育児方針に賛成、大賛成です!!

学校のおしきせの授業より、こうして過ごすのは、ある意味生きる授業だと思うのです。

私の娘は小さなころから、ずっと入院、病院暮らしでした。
私はそんなことからも、学校が絶対、だとは思えなくなったのです。
娘がいじめにあったとき、迷わず、学校をずっと休ませ、森や山、木々の傍で母娘で過ごしたのです。

ふと、そんな昔を思い出しました。
長々と、自分のことを書きまして、ごめんなさい!<(_ _)>

窓 #C6mduWPs | URL | 2017/06/11 22:28 * edit *

窓さんへ

ごめんなさい。こちらに頂いたコメント今まで気づかなくて
本当に申し訳ありません。

窓さんのコメントを読ませていただいて、私の感覚は間違っていなかったと思います。
学校ももちろん大事ですが、子どもにとって何が一番大事化は親が選んでやらないといけない場合もありますよね。

窓さんのそのお考えで、お子さんをしっかり大切にお育てななったこと、とても素晴らしいと思います。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/06/17 19:52 * edit *

コメントの投稿
Secret