10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

姉ちゃん母ちゃん 

昔々のこと。
私が小学校に上がる前後の頃。

母は病弱だったけど、弟が生まれた。
兄、姉、私、弟の4番目の子供だった。

私はとてもおませだったらしく、大人の会話を聞いて、
一人前なことを言っていたらしい。

兄はとても元気でいたずらも激しく手のかかる子だったらしく、
隣に住んでいた父の姪に、「叔母ちゃん、継子みたいにMちゃんばっかり叱っているね」
と言われたそうだ。
継子どころか第一子の大事な跡取りの長男だったけど、すばしっこく、いたずらが激しかったそうだ。

ある時、弟がそんな風だと病弱な母はとても守りができないと、父に訴えていたのだ。
それを聞いていた私は、弟の守を買って出た。
色が白くてぽちゃぽちゃしていた弟は本当に食べてしまいたいぐらい可愛かった。

兄と違って弟は大人しく従順だった。
どこへ行くにも連れ出したが、私の言いつけをよく守った。
怪我をさせてはいけない、迷子にさせても。
私も必死だった。だから少しでも目の届かないところへ行くと私の爆弾が落ちた。

後になって弟から聞いたことだが、私が怖かったそうだ。可哀想に。
たった5歳しか違わない私が母のまねごとをした。
叱り方もほどほどということを知らなかったから、想像できる。

とにかく怪我をさせることもなく、大きくなったから良かったけれど、
母に比べたら、どんなにしんどい毎日だったかと可哀想になる。
母が育てることができていたら、もっと気楽にのんびりと育っていただろうに。

でも、ただ一つ、私にできて母にできなかったことがある。
それはいじめっ子退治だ。

大人しい弟はよく苛められていた。
それを見つけたら、私の怒りは爆発した。
いじめっ子をその辺の竹ぼうきを持って追いかけて、しばき倒した。

子供心にわかっていたようだ。竹箒ではたいした怪我はしないし、威力はある。
もってこいの武器である。
私はか弱い女の子?だが、相手は男の子と言っても3~5歳ほど年下だ。
私に敵うはずがない。
半べそになって散っていったが、どの子の親も怒鳴って来なかった。
女の子の強みである。
文句言ってきたら、弁でもその子等の母親に勝つ自信はあった。

いじめっ子を蹴散らして戻ったら、母がどこか物陰で見ていたらしく、
「もう、腹が立ってどうしようかと思ったが、出ていくわけにいかずこらえちょった。お千がやっつけてくれてすっとした」
と、私に言った。

たったこれだけだった、姉ちゃん母ちゃんが、母より良かったのは。

この話を夫にしたら、
「まだその癖、治ってない!俺しばかれっ放しや」
「竹箒は使ってませんから。それにあんたが私を苛めるからやで!全く応えてないから続くの、私は力がないので!」
「十分応えてます!」
「応えていたら苛めんといて」
「暴力妻や」
「いじめっ子や」
かく応酬は続くのです。


散歩道の猫
皆さんに可愛がってもらえるのか、まったく警戒心なしでした。
DSC_4873_3540.jpg


ユキヤナギと樹々、少し前の写真です。
DSC_4877_3544.jpg


広場と樹々
DSC_4880_3547.jpg


クリスマスローズ
E71_5807_3557.jpg


ホオジロ
E71_5813_3563.jpg


E71_5825_3570.jpg


オオルリ
今季初めて見ました。
これ以後、お目にかかっていません。貴重な写真ですが、
ゆっくり留まってくれたので、枚数はたくさん写すことができました。
E71_5574_3378.jpg


E71_5590_3385.jpg


E71_5612_3397.jpg


E71_5655_3422.jpg


E71_5663_3430.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


スポンサーサイト
2017/05/10 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

コメント

私にも2歳年下の弟がいました。母が重い結核で、一日の半分は寝ていなくてはいけなかったので、必然的に弟を従えて遊んでいました。まあ、その程度で、親代わりなどの役目は果たしていませんでした。幼くしてその役目をも負っていたとは、大変なことだったと思います。

オオルリさん、とても美しいですね。思わず固唾をのむ感じです。
今年は、3月半ばから鳥さん観察は絶不調が続いていて、このまま、又、冬鳥さんが来るまで、観察できないのではないかと、暗い気持ちになっています。間違いでもいいから、近くに飛んできてほしいものです。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/05/10 14:56 * edit *

AzTakさんへ

7~8歳だったので、親代わりなんておこがましいですが、
女の子はおませですね。ありがたいことに母は私を頼ってくれていたので、凄くハッスルしたのだと思います。

季節の変わり目は特に不調が出やすいときです。
充分にご養生なさってください。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/05/10 15:54 * edit *

納得(^^♪

こんにちは~~~♪
メッセージボードを新しくしました。

なんとなく想像すると漫才のようなかと。

これを泉州弁のトーンでやるのを聞いてみたいような。^^ヾ
うちは、母が鹿児島出身で、祖母が船場、父は泉州。
だから、少しずつ言葉が違うのです。

掛け合い漫才のようになならなかったですね。(;^_^

5歳違いって、小さなころは大きな差ですよね。
私も長女と5歳違いです。
子どものころは、鬼、かなと思っていました。o(^-^)o

窓 #C6mduWPs | URL | 2017/05/11 13:06 * edit *

窓さんへ

私も鬼かと思われていたのですよ。
告白された時はもう怖くなくなっていたのでしょうね。
まだ怖かったらこんなこと言えませんから。
今では弟と私の間は特に仲良し、遠慮がほかの兄弟に比べて少ない、
結果よしです。

夫との掛け合い漫才、多少言葉が違いますが、私も興奮すると土佐弁が出ます!泉州弁ではちょっとできないかもです。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/05/11 14:21 * edit *

コメントの投稿
Secret