10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

待っている猫 

ペットを見送るということは辛いことでした。
私たちは自分の辛さにかまけて、気づかないことがあったのです。
ある日、夜中に起きてみると、玄関の廊下の隅にぽつんと小さな影がありました。

ばぶでした。

ばぶがみっちの帰りを待っている!

そう思いました。

みっちは腎臓の悪化が原因で逝ったのですが、最後は何も食べず,水も飲めない状態でしたから、
亡くなる前20日ぐらい、獣医さんの所で点滴を受けていました。

帰ってくると、いつも玄関でばぶが待っていました。
猫バスケットから出てきたみっちにすり寄るのですが、みっちはばぶを寄せ付けず、
しんどそうに座敷の隅で一人座っていました。
みっちにかまってもらえなくても、ばぶは獣医さんから帰ってくるみっちを待ち続けました。

みっちが亡くなったとき、私たちが泣いていたことも、みっちの眠った顔も見ていたはずなのに
ばぶはいつもと同じポーズで、薄暗い夜の玄関に座って、みっちを待っていたのです。

ばぶにはみっちの死が理解できていなかったのだと。

私はばぶの寒さのしみ込んだ体を抱き上げました。

「ばぶ、みっちはもう帰ってこないのよ、獣医さんのところに行ったのではないのよ、もう寝ようね」
ばぶを抱いて暖かい寝床に寝かしても、すぐ起きだして寒い玄関に座るのです。

ばぶはまだみっちの死が受け入れられないのです。
そんなに大事な仲間だなんて、気づいてやれなかった、私たち。

そればかりでなく、食いしん坊だったばぶがご飯を食べなくなり、見る間に痩せてゆきました。

獣医さんに相談すると、こんなことはたまにあるケースで、
また新しい猫を飼うか、充分過ぎるぐらい甘やかせてやるかだと言われました。

もうペットはばぶで最後だと思っていましたから、後者を選びました。
私たちの努力の甲斐あって、ばぶは私たちの中に戻ってきました、すっかり甘えん坊になって。
仲間への喪失感は、猫も人間に負けていないと、いや、人間の方が負けているのではないかと思ったりしています。

ばぶもみっちの亡くなった後7年生きて、みっちの後を追って虹の橋に旅立ってゆきました。

ばぶ、虹の橋でみっちに会えたよね。

私たちの寂しさは、ばぶがみっちのそばに行って、一緒にいるのだと思うと、癒されてゆきます。

そしてその後、ちょっとしたことがあったのですが、次回で。


ルリビタキ オス
E71_3185_1769.jpg


E71_3238_1806.jpg


エナガ
E71_3299_1863.jpg


E71_3300_1864.jpg


E71_3312_1875.jpg


ジョウビタキ メス
E71_3251_1817.jpg


E71_3260_1826.jpg


E71_3274_1840.jpg


シジュウガラ
E71_3127_1726.jpg


イカル
E71_3156_1747.jpg


E71_3160_1751.jpg


ヤマガラ
E71_3336_1887.jpg


E71_3340_1890.jpg


コゲラ
E71_3343_1893.jpg





スポンサーサイト
2017/03/31 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 6edit

コメント

仲の良いコンビほど、受け入れられない現実なんでしょうね。
我が家は多頭飼いでしたから、
1匹抜けても「 あれ? ん?」程度で受け入れていたのでしょう。
だから・・・今、ななの状態は少し違うような気がします。
ただ、ロックがいますので何とか乗り越えているのかも・・・
それは猫に限らず、私も同じです(;^_^A

独りぼっちはお気楽なようで孤独なのです。
彼らがいれば、話さない日なんってありませんから・・・
これからの老後、自分の寂しさを見る思いです。
だから、外ニャンズを受け入れたのかもです(;^_^A

みっち&ばぶ、向こうで幸せだと思います。

小鳥さんたち、ばっちりですねぇ~~
散歩道にこんなにすてきな小鳥たちがいるなんって・・・
声はすれど姿見ずの私は無理なフォトね。

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2017/03/31 07:41 * edit *

こんにちは。、

寒さが少しぶり返していますね。

猫は一緒に暮らしたことはないのですが、
とても繊細なのですね。

ペットと一口にいうけれど、私も16年近く過ごした犬を一昨年、亡くしました。。
殺処分、寸前のところを救出した子でした。

今日のブログを読ませていただくと、猫と暮らしたいなぁって思います。

お千さんたちの愛情に包まれて、安らかな日々を過ごしたことでしょうね。

涙が出てきます。

窓 #C6mduWPs | URL | 2017/03/31 11:23 * edit *

コロコロさんへ

ペットとは会話ができます。
わからないだろうと思っていても、結構わかっていることもあってびっくりしました。
最初にお付き合い始めた時は13匹でしたものね、寂しくなりましたね。
仰る通り、外猫ちゃんで、会話はばっちりですね。
私たちとも、会っては無理でも、ネットでおしゃべりしましょう。
お顔も知ってるし、またお会いできるしね。

小鳥はいるのですが、一人では探せません。それにピントが合いません、今日のは少し気合を入れてみたのでましかな?!(ひどいのもありますが)

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/03/31 16:24 * edit *

窓さんへ

窓さんもワンちゃんを亡くされましたね。
その思い出を記された頃から窓さんのブログにお邪魔していると思います。

犬でも猫でも、一緒に暮らしたペットを失えば、気持ちは同じだと。

猫たちには十分なことはしてやれませんでしたが、色々な思い出をいっぱい残していってくれました。
娘も大人になって、子供の頃のように、何でもかんでも話しませんが、猫のことになると、いつもの何倍も話のネタがあって尽きません。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/03/31 16:32 * edit *

ばぶちゃん、寂しかったのね
パフは、ルネやグラが逝って寂しがるかと
思いましたら、意外とサッパリしてました
でも、甘えモードは凄くなり
特に私を独占したいらしく、余り母に
抱かれなくなりました。
パフを抱きながら、先に逝った子達を
毎思い出しますね。

joyママ #195Lvy4Y | URL | 2017/04/05 21:10 * edit *

JOYママさんへ

本当にバブは寂しかったのだと思います。
いつもべったりでしたから。ばぶがくっつきに行って、
みっちが逃げている光景はよく目にしていましたが。
こんなに慕っていたなんて、びっくりというか、可愛そうで。

母でもあり、姉でもあったのでしょうね。
みっちはしっかりしていましたから。
この後はどんだけべったり甘やかしたか、
心残りなく甘やかしました。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/04/05 21:55 * edit *

コメントの投稿
Secret