04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

千のブログ

気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

用心棒 

父と私は映画好きだ。
特に時代劇が好き。

テレビのない時代は映画館で、テレビの登場で、時代劇番組はほとんど見ていたように思う。
20歳ぐらいの時、「オールナイト」と言ったと思う、夜遅くまで映画館が
興行していた。
それに見たい時代劇があった。

昭和40年前半の夜遅くと言えば、今と違って危ない人たちが多かった。

現代はというと、数年前に電車の最終便を見て驚いた。
朝のラッシュのように、すし詰めの人が電車の吊革にぶら下がって揺れに任せて踏切を通過していったから。

私が若い頃、残業で最終便に乗ったことがある。
ガラガラの車内に座っている人は、残業に疲れ果てて居眠りをしている中年。
酔っぱらい、危なそうな小父さんたちで、女性はいなかった。

やばいと思って体を小さくして、誰からも声をかけられないうちに早く駅に着くことを願っていた。

だから、若いときの夜の外出はためらわれた。でもオールナイトの映画は見たい。

そこで思いついたのが用心棒。
時代劇大好きな父親を誘った。
働いていた私は生意気にも、
「お父さん映画に行こう、私がおごるから」
と言って。
父親はすぐにオッケーした。

多分映画を見たいより、私のことが心配だっただろうと、今ならわかる。
それと、我が家の女性、母と姉は父が煙たいみたいだった。
父の話は飛ぶ。ついて行くのが大変だ。でも私と父は思考パターンが似ている。
話がなんでここからそっちに飛んだのか、わかるし、飛んだキーになる言葉もわかった。
この言葉が出てきたから、こっちに話が飛んだんだと。

父は話をしながら晩酌をした。だから時間が長い、母は疲れているから早く片付けて寝たいのだ、それがあるから
受け応えが雑になって父が不機嫌になる。
母が可哀想だし、父の話は結構面白いから、私が間に入る。

母は片付けをしながら、翌日の支度などをしている。
父は昔の話、子供の頃のこと、若い頃や戦争のことなども話してくれた。話が飛んでもついていける。
で、自然に父は私に甘くなる。

だからこんな映画館への用心棒など、頼みやすいのだ。

考えてみればこんな頼もしい用心棒はいない。体力の無いボーイフレンドなんかはとてもじゃないけど
役に立たない。危ない人たちが出てきたら、彼女を置き去りに逃げかねない。
刃向ってくれても多分勝てない。

でも父親は違う。絶対娘を置いて逃げたりはしない。
だから危ない人たちも、父親が連れている娘には手を出さない、とそう思う。

父は病気の父(私の祖父)の代わりに5歳から祖父の漁仲間の船に乗って太平洋に漁に出た。
生活が成り立たない父の一家を思いやって、祖父の仲間がそうしてくれたのだと思う。
8歳ぐらいの時には一人前の海の男になっていたという。腕っぷしが強かった。
喧嘩も相撲も強かった。戦争も2年ほど危ない第一線にいたという。
度胸もある。

こんな父と一緒に、私は夜の繁華街に出た。
一人では見ることができない、ネオンの華やかな夜の街風景だった。

こんな父は、私の大阪行を、止めてくれた。
実家に留まっていた方がよかったかどうかはわからない、どちらか一方しか生きられないから。
父は16年前に旅立った。
父のためには近くにいてやった方がよかったと、今思う。


ジョウビタキ メス
E71_1830_892.jpg


E71_1870_929.jpg


E71_1975_999.jpg


アオジ
E71_2059_1054.jpg


シロハラ
E71_1847_909.jpg


ヤマガラ
E71_1879_935.jpg


E71_1880_936.jpg


ルリビタキ メス
E71_1964_988.jpg


E71_2071_1064.jpg


E71_2088_1081.jpg



モズ
E71_1968_992.jpg

スポンサーサイト
2017/02/19 Sun. 16:28 | trackback: -- | comment: 10edit

コメント

今だとシネコンが流行って、映画鑑賞も非常に快適なようです。其れに一定の年齢以上になると割引もあって結構お安いようです。
なのにあまり映画を見に行きません。究極の出不精です。

せいぜい散歩に出るくらいです。時々自力ではいけないところまで遠出することがありますが、…。
鳥さんは、目を凝らしてみているのですが、私が認識できるのは、ほんの少しだけです。本当はもう少しはいるのでしょうかねえ。

AzTak #ba33.0Zs | URL | 2017/02/20 09:53 * edit *

AzTakさんへ

退職して時間はできたはずなのに、映画館へは一度も行ったことがありません。
曜日でも年齢でもかなりお安くなるのですけど。
家事だけで疲れてしまっているような。

小鳥撮影の時は散歩道のお仲間と歩きます。
鳴き声で見つける人、飛んでいるのを見つける人、などいますので
ある程度は見つけられます。
それでも「どこ?」とかたずねている間に逃げられることも多いです。
一人だとほとんど見つけられないでしょうね、私の場合は。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/02/20 14:32 * edit *

私の両親も映画が好きでした。
父は時代劇と西部劇、母はラブロマンス系かな?
祖父母と同居して居たので、父は夜になると映画へゆこうと
母を誘い出して 息抜きをさせて居たらしいです
子供の私も一緒に連れてゆき・・・・ なので、物心着いたら映画を見てました。
懐かしいですね

中学時代は、祖父母とは隠居所を他へ建てて別居
7歳下の弟がいたので、土日の昼間 親に内緒で
一人で映画に行ってました(笑)・・・・  小学生料金で入ってました

今考えると、小学生が一人映画?ですが  おおらかな時代だったのでしょうか?

JOYママ #195Lvy4Y | URL | 2017/02/21 18:46 * edit *

JOYママさんへ

お父様のお母様への思いやり、嬉しいですね。
知り合いにもいました、親と同居の嫁を時間があれば連れ出すんだと。
「俺が妻を連れだす分には誰も文句は言わない」と。

私は反対、今は背が低いですが、この身長、小4の時のまま。
だからいつも中学生やろって言われました。一人ではなく、私みたいな映画好きの親友がいたので彼女と一緒に。
今は離れていますが、会ったらすぐその頃に戻れます(笑)
この親友がいなくても一人で行ったでしょう、私も。
そう、大らかな時代だったと思います。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/02/22 09:34 * edit *

きっと、お父様は映画に誘ってくれる娘が愛おしかったと思いますよ。
お母様も違う意味でよろこんだかも~~(笑)

親は・・・いくつになっても子供を憂うものです。
この歳になって、気づくこと多々あります。
正直にい言うと、孫は可愛いけれど愛情の深さでは・・・
やっぱり子供にはかないません。
それは仕方ないことです、子供には親は責任がありますから。
孫には親がついていますからね(^_-)-☆

大海原へお千さんを送り出したこと、お父様は後悔していないと思います。
何でもやってみぃ、きっとそんな心意気があったと思いますよ。

cat-korokoro #PyA865YY | URL | 2017/02/22 09:48 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/02/22 11:20 * edit *

お父様の思いの深さとそれをしっかり受け止める娘
良い親子関係だったのですね。
今と違って世の中全体が未だ貧しかった時代、だからこそ家族が深く寄り添った時代でもあったのでしょう。
私は父との関係がよくありませんでしたので、お千さんとお父様が羨ましいです。
私と父は最期の最後まで心が寄り添いませんでした。
若い頃は家を出たくて出たくて進学したようなものです。
遠くへ嫁いだのもそんなことが影響したかもしれません。
そんな冷たい娘でしたが、子供を産んで少しずつ親に対する後ろめたさが生まれました。
父が亡くなって4年、最近になって申し訳なかったと思うようになりました。
もっと優しくしてあげればよかった、もっと近くにいてあげればよかっと。
遅いですよね、今更です。
今は父に出来なかった分を母に。。。と思うのですが、これがなかなか。
穏やかに人生を歩んでいるお千さんの姿に憧れつつも、やっぱり私はなれそうもありません。
まだまだ修行が足りないということでしょう。
親子の関係にも相性ってあるんだなあとしみじみ思う、人生の後半です。

さくらえび #- | URL | 2017/02/22 21:28 * edit *

コロコロさんへ

母は父と私が仲がいいのを違う意味でも喜んでいましたよ、さすがですね。
それと、私もそうです。孫は可愛いけど、子どもにはかないませんね。
孫には可愛い子どもが親としてついてくれていますからね。

父は一人で遠い土地で暮らす私を心配してくれていましたが、夫には信頼を置いていたので、結婚してほっとしたように思います。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/02/23 14:39 * edit *

鍵コメさんへ

了解いたしました。
近いうちに寄せていただきますね。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/02/23 14:41 * edit *

さくらえびさんへ

貧しさは、家族をより深く結びつけますね、でもその反対もあります。
私たちはいい組み合わせだったとありがたく思っています。

お父様のこと、さくらえびさんのお気持ち、お父様はきっと気付かれていたと思いますよ、親子ですもの。言葉に出せなくても。

私など、穏やかそうに見えても、鬼も夜叉も住んでいます。
如何にそれらを抑えて生きているかですから。

お千 #gAPsy9.E | URL | 2017/02/23 14:52 * edit *

コメントの投稿
Secret