FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

献立と材料 

昔から、副食の多いことを「菜食い貧乏」とか、そういった言葉で、よくは言わなかった。

ところが、
我が家は副食が多かった。
当然貧乏所帯である。

私の定年前の仕事はパートだった。
昼食時にはたくさんの仲間たちと、持参のお弁当を頂く。
話題も様々、結構多いのが子供のこと、そして、今晩のおかず何にしよう?であったような。

「お千さん、昨日は何を作った?」
よく尋ねられた。
たくさん作っているので、どうしても他の方よりレパートリーが広い。

3~4品は答えられるが、還暦も過ぎると忘れっぽい、
「後、忘れた!」
と言うと、
返ってくる返事が、
「ほかにもまだ作ってるん?」
と、
「そんなに作ったら、副食費が凄いやろ?」
であった。

「そうやねえ、○○円ぐらい」
と、言う。
「えっ!うちと変わらへんや」

一品か二品しか作らないと言う主婦が驚いた声を出した。

それはそうである。

献立を決めて、買い物をするか、食材を見て、献立を決めるかの違いである。

献立を決めると、その日の食材の値段にかかわらず、決まった食材を買わないといけない。
だから品数が少なくても高くついてしまう。

私たち主婦のほとんどの方がスーパーで買い物をする。
スーパーは、大概目玉商品があり、それで客寄せをして、他の適性に利益のある商品を売って儲けるのがセオリーである。

私はそれを最大限に利用している。
もちろん消費期限は最優先ではあるが、冷蔵庫、冷凍庫の活用できる今ではそれも利用する。
味が落ちる!?と言われるが、それを感じたことはない。
我が家はあまり上等なものを食べていないためかとも思うが。
そんな時は美食は敵だと思うことにしている。

また同じメーカーの同じ商品でも、スーパーによって値段が違うこともままある。
この商品はここが安いのデーターを頭に入れておく。

特売日に、知り合いに会うと、
「今日はお客さん?」
凄い買い物の量を見て、よく声をかけられた。
そんな時はあいまいに返事をしておいた。

いろいろあった主婦業も、終盤に近付いた。
手術、入院をしてから、夫や娘が家事を手伝ってくれている。
私の出番が少なくなったし、年齢のせいか食べる量も減った。
それに伴って、買い物の量も減ったし、記憶力も減退した。

先日も急におかずを2品ほど作らなくてはならなくなった。
氷温室の肉と、野菜を取り出して、肉を焼くとき、
頭ではなく、手が勝手に料理酒と、しょうがを掴んでいた。

美味しい牛肉ではない。
鶏肉だったし、味より栄養と、ほとんどムネ肉を使っているから、
そのまま焼くとパサパサする。だから料理酒と生姜がうまみをプラスしてくれるのである。

それを頭ではなく手が覚えていることに、我ながら少し驚いた。

習うより慣れろ!

よく言われることは、料理にも当てはまる。
長い間、私には不向きな仕事だと思いながら主婦業をしてきたが、
もう少し前向きにやってきたら、
もっと早く、「献立」と「材料」の関係も、料理のプラスアルファもマスターできたかもしれない。
ただ料理は、「食べるの大好き」という私の強い味方だけが何とか後押しをしてくれて、ここまでやって来れたように思う。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


                                                                                               



スポンサーサイト
2018/11/19 Mon. 00:21 | trackback: -- | comment: 2edit