FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

いつもの散歩道 

去年の暮れから今年の始めにかけての、入院生活の中で、いつも思い出していたのはこの公園の景色でした。

家の近くの散歩道が工事のため使えなくなって、隣町にあるこの公園を歩くことにしました。
始めはただ広く、どこをどう歩こうかと、少しばかりうろうろしましたが、少し慣れてきておおよそのコースがわかってくると、
その素晴らしさに驚くばかりでした。
家から車で15分足らずの距離。
そして解放された雰囲気。府営の公園ですから入園料無料。管理も行き届いています。

毎日この公園を歩くのが楽しみでした。
朝の片付けが終わると、ここでお昼までの時間を過ごします。
私も入院までは夫と同じくカメラを持参で、野鳥撮影。
歩くのは体にも優しく、写した写真もこのブログで発表出来ました。
大池の近くのベンチで持参のインスタントコーヒーを飲むのが習慣でしたが、
とてもインスタントとは思えぬ美味しさでした。

手術後、動きにくい体で思い出していたのはこの公園でした。
また歩きに行くことができるだろうか、そのことでした。

退院して一か月あまり、最近では毎日のように連れて行ってもらっています。
まだ回復途中ですので、前の様な距離を歩くことはできませんし、カメラを持つこともできません。
歩ける距離をゆっくりマイペースで歩く。はた目にはかなり危なっかしいようですが、
私は満足をして歩いています。

広い空間で大きく深呼吸。
美味しい空気と冷たい風。極端な寒さから解放された今は、心地よく感じられます。
皆様の励ましのお言葉ではまず一年、それくらいでないと足の力もついてこないかと。
そう思って、気長に、この景色を楽しみながらリハビリーをすることにしています。

アップしている写真は手術前に撮影したものです。

駐車場から、階段を上って、公園の入り口に着きました。
DSC_5275.jpg


DSC_5291.jpg


次は冬季にはルリビタキ、夏季にはキビタキがいる場所に移動する途中にある蓮池
初夏には可憐な水蓮が
DSC_5290.jpg


左手には子供たちのためのたくさんの遊具、右手にはテントを張ったり、バトミントン等をするのに最適な芝生のある広場。
その中の長い道を大池の方に向かいます。
DSC_5289.jpg

大池。今の時期には冷たいですが、夏にはそれは涼しい風を運んでくれます。
ほとりに佇んで、マガモたちを見るのもよし、ベンチに腰を下ろして、家から持参のインスタントコーヒーを飲むのもよし。
ゆっくりと休憩できる場所です。
DSC_5286.jpg


この写真と、次の写真は大池の近くのメタセコイヤの樹々。夏は涼しい木陰を。冬は葉を落とし真っすぐに伸びた樹々が欧風の景色を感じさせてくれます。
DSC_5288.jpg


DSC_5284.jpg


大池を少し左手に進むと、ちょっと日本の風景らしくないですが、おしゃれで、素敵な場所に辿りつきます。
5月には美しいバラが咲き誇ります。広いのびやかな広場も素敵です。
DSC_5282.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝

スポンサーサイト
2018/02/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit