FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

大活字本 

読書は好きだけど、この年になると小さい字は読み辛い。
私は極端な近視ですから、いつも近視用メガネをかけています。
ところが、新聞や本などの近い場所で読むものは読みづらい。

眼の悪くない人はここで老眼鏡をかけるのでしょうが、私は近視用の眼鏡をはずすと、
近くのものがよく見えます。
買い物などで使うキャッシュカードの裏の小さい文字もメガネをはずすとよく見えます。

普段は眼鏡を使っていないが、手元の文字を読むのに老眼鏡をかける人と、私は反対の行動になります。
どちらにしても年を取るということはこういうことで、今までと同じでは不具合がでてきます。

読書も、近くの図書館を利用していますが、
普通の活字では読みずらい。
ところが少し前から「大活字本」というのが置かれています。
私たち団塊の世代の読書用と言うことです。

私たちは戦後の一番出生数が高い年の生まれです。
昔からゆりかごから墓場まで、競争率も高かったし、同世代が多い。

その同世代が、小さい文字が見えにくい年代になってきたということです。
普通の書籍はこんな感じですが、
DSC_5220.jpg

大活字本になると、
DSC_5219.jpg

こんな感じで、かなり文字が大きくなります。
私はものすごく助かっています。

先日までに、池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」24巻読破しました。
楽でした。
私は「剣客商売」の方のファンなので、普通の文字の全巻を2回読んでしまいましたが、
今はこれの大活字版が出るのを待っているところです。

「キビタキ」
これは6月5日の撮影のものです。この日以降残念ながらキビタキを見ていません。
声はしているようですが、姿を見せてくれません。
子育てが一段落したらまた姿を見せてくれるでしょうか。
E71_7464.jpg


E71_7462.jpg


「ヨシキリ」
賑やかな声で鳴く愛嬌のある鳥ですが、数日前に芦原がきれいに刈り取られていました。
それ以来姿を見せません。
どこかに引っ越ししたのでしょうか。
散歩道の途中にある芦原だったのに、その道を通る楽しみが一つなくなりました。
E71_7385.jpg


E71_7397.jpg


「ツバメ」
たぶん子供でしょう。親鳥が運んでくる餌を待っています。
E71_7316.jpg


E71_7330.jpg


「ムクドリ」
E71_7290.jpg


「マガモ」
E71_7289.jpg


「菖蒲」
E71_7303.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/07/16 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 16edit