FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

ばれた! 

前の散歩道でのことでした。
小さなダム湖の周囲を歩くのが日課でしたが、時々はその東西のハイキングコースにもゆっくり時間をかけて登っていました。

その登山道でのこと。
前を行く夫に私が声をかけて、夫が振り向いた時に、石ころで足を滑らせてこけてしまったのです。
丁度悪いことに、そこは刈り取った笹がだいぶ伸びてきていて、その切っ先が夫の眼がしらと鼻の間に刺さってしまったのです。
結構出血もしました。

チッシュで押さえたりして止血をしましたが、容易には止まりませんでした。
今思い出してもぞっとする。

「眼でなくてよかったね!!」
「眼やったら失明してたな」
「怖っ!」
そう言い合ったものでした。

帰ってきてしっかり消毒をして、薬を付けてガーゼを張りました。

あくる日は、ハイキングコースではなく、ダムの湖周を歩くために出かけました。
そこにはカメラのお仲間が数人いて、
みんなでたわいない話をしながら、小鳥や風景を愛でたり、撮ったりしています。

そのお仲間が、目ざとく夫の眼がしらに貼ってあるガーゼに気づいて、寄ってきました。

「どうしたん?」

と、尋ねられて、夫が言った一言。

「ばれてん!」

お仲間、一瞬キョトンとして、次は
「ははははは」
と、大笑い。

夫の性格をよく知るおひとりは、
「よう、そんなしょうもないこと言うわ」
と、ぼやいたものの、どなたも深く原因を追究しない。

本当と思っていないだろうけど、原因を追究したらいけないような、
武士の情けでしょうか!
男同士の思いやり!?






散歩道の池
DSC_5145_01.jpg


シジュウガラ
E71_6993_01.jpg


ヨシキリ
葦原と近くの木々にいて、とても特徴のある賑やかな鳴き声です。
警戒心が強くて、なかなか見つけられません。
7D2H7642.jpg


ニワゼキショウ
E71_7018.jpg


E71_7021.jpg


黄蝶
E71_7023.jpg


E71_7040.jpg


新緑の楓
E71_7059.jpg


アカツメ草
E71_7061.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝


スポンサーサイト
2017/07/03 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 6edit