06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

お千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

茶道教室 

申し込みした自治体主催の講座の最後、「茶道教室」

自分でもがらじゃないと思いますが、知らない、将来的にも無縁の世界となるとちょっと覗いてみたい気もして、
申し込みました。
生徒は5人。
先生と言うより、茶道クラブの先輩の方々みたいな感じでした。

茶道クラブの会員が少なくなってきたから、講座終了したら是非クラブ員として残ってください、と言うことでした。
実は私はその辺を何も考えずに申し込みしたのですが、初日、講座に向かいながらあることに気づきました。

茶道って正坐じゃない!?

しまった!と思いました。私は脊椎の関係で、正坐が弱いのです。だから普段は正坐することは仏壇の前に座るときぐらいです。
まぁ仕方がない。行ってダメだったら、辞めればいいと。
最初から気づきそうなものなのに、この辺が私らしい。

着くまではどんよりと重た~い気分ですが、行ってみれば楽しかった。
一緒に受けた講座生も、先輩の方々も気さくで。

最初の自己紹介の時に私が足の話をすると、

「大丈夫!」

と、文明の利器!と言えるかどうか、法事などの時には必ずお目にかかる、腰の下に敷いて体重の負荷を緩和する、例のものを用意してくれていました。
最近の住宅はほとんどイスとテーブルで、正坐することは少ないようです。

で、何とか講座は受けられるようになりました。

表千家ということで。

抹茶ももちろんおいしかったけれど、先に頂く和菓子の美味しかったこと。
これが目的で来られたという方もいました。
私もその方に近いですが。

お茶の心は、おもてなしと、周りにいる方への心配りの道のように思いました。
私には一番縁のないというか、学ばねばならない道でした。

受けてよかったです。
出かけるときはちょっと気分が重いのですが、帰ってくるときはルンルンでした。

最初から最後まで、先輩がつきっきりで教えてくれましたが、一人でとなると無理ですね。
ただ、抹茶と茶筅だけあればお茶は立てられます。

また飲みたくなれば、立ててみましょう!

いい経験でした。



ネジバナ
E71_7850.jpg


E71_7851.jpg


黄蝶
E71_7816.jpg


ヨシキリ
とても大きな声で賑やかに鳴きます
E71_7711.jpg


E71_7712.jpg


あれま、凄い声!
E71_7705.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝




スポンサーサイト
2017/07/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 10edit