10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

ホットな老人ホーム 

確かアメリカだったと思いますが、老人ホームで猫を飼う取り組みがなされているようです。
おじいちゃんやおばあさんが、愛し気に猫を撫でたり、だっこしている様はつい微笑んでしまいます。

小さな生き物、可愛いね。
なんて柔らかいんだろう。
暖かいね。

そんな声が聞こえてきそうです。

おばあちゃんの膝でまどろんでいる子猫は、安心しきっていました。
おじいちゃんの手の中で、おじいちゃんを見つめている猫は、何を言っていたのでしょう?
何かお話して!一緒に遊んでくれるの?
でしょうか。

長い時間を生きてきて、余生を送る人々。
誰もが子供や孫たちがいるわけではありません。
たとえいたとしても、もうみんな親の手を離れて、現実の社会で生きています。
老いたものが何かを伝えたくても、聞く人たちは、それより自分で模索する方を選ぶかもしれません。

老人たちは教えたいことをいっぱい持っています。
与えたい愛情も重たいほどです。

個々の家で余生を過ごす人も、自分の命の終わりを考えたら、若い命を預かることはできないと、
一匹、二匹と、少なくなっていく動物を見送っています。

もしその命、後の面倒を見てくれたら、生きてる限り重たいほどの愛情を与えたいと思いませんか!

老人ホームではそれができるのです。
その人の命の終わりが来ても、残された猫は後の誰かが面倒を見てくれるからです。
思いっきり世話をし、愛情を与えられるなんて素晴らしいではありませんか。

世話をしなければいけない猫がいる限り、簡単に認知症なんかになっていられません。
そう、認知症予防にも一役買っているようです。

個々の家で飼っている人でも、ある施設に登録をしておけば、一生を終えた後の、猫の世話は
どこかの施設で、なんてことになれば、安心して生涯猫を飼って暮らせます。
人が人らしく誰かを、何かを愛し続けて終われるって素晴らしいではないですか!

可哀想な殺処分なんてなくなるでしょうし、人はだれかを何かを愛して生きてゆく生き物なのですから。

日本での早期の取り組みを望みます。


E71_1056.jpg
小さな可愛い小鳥 「エナガ」


E71_1095.jpg
甘い柿が熟しています 「柿とメジロ」


E71_1112.jpg
久しぶりの登場です、ちょっと太り気味です  「猫のパンダちゃん」


E71_1114.jpg
秋空に薄


E71_1117.jpg
路傍にて 「ナンバンキセル」








スポンサーサイト
2016/11/26 Sat. 17:31 | trackback: -- | comment: 8edit