10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

千のブログ

    気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

能登路へと  3 

     能登路   その③

駅前で、レターカーを借りようと思ったのですが、すべて出払っていました。
仕方なくその日は向かいの能登島までタクシーで行くか、ということになりましたが、
先に翌日のレタカーの予約をと言うと、「車,何でもよかったら」ということで。

いったいどんな車なのか、と引きましたが、結局普通の車でただ喫煙車ということでした。
そしてその車だったら、今からでも乗っていただけますと。
おお、ラッキー!
タバコを吸う人もいないし、多少たばこの臭いがするぐらいだったら我慢しようと思いましたが、
結果的には何も害がなく、快適なドライブができました。

そしてナビで、能登金剛、巌門。
日本海の荒波によって、浸食された迫力のある海岸線。
海水は蒼い~~。
遊覧船が出ていたので早速乗り込む。
昨日は荒れていたけど、今日は波がないよ~と案内されて乗り込みましたが、結構揺れました。
昨日はどんなだったか?

DSC_3990.jpg
遊覧船より。やはり海の色が濃い

DSC_4003.jpg


DSC_4008.jpg


DSC_4017.jpg


DSC_4025.jpg

次に向かったところは、ヤセの断崖。
これが日本海の海岸だ、と思わせる断崖絶壁。
断崖から身を乗り出して、崖下を覗くと、身がやせる思いがするところからこの名前が付いたとか。

DSC_4029.jpg


私、痩せなかった

でも日本海の厳しい海岸線には堪能しました。
他にも回ってみたいところもありましたが、年寄ばかりの旅なので、無理をせず
そこから宿の名倉温泉に帰ることにしました。

宿は昔からの古い温泉で、泊り客も10組ほどの小さい旅館でしたが、温泉かけ流しが気に入ってここにしました。
かけ流しはよかったのですが、温泉が熱い。熱過ぎ。
夫も姉も文句たらたらでしたが、私は平気でした。

よくわかりませんが、私はぬるいお風呂が好きなのですが、この季節気温が下がってきたころから、
熱いお湯が好みになっていまして、丁度の湯加減でした、大きな声では言えませんが。

夕食は新鮮な魚や焼き物酢の物色々あってよかったのですが、この日、満室なのに、中居さんが一人休んだとかで、
他の中居さんがてんてこまい。
御飯が来ない、鍋の火を付けに来ないと、ちょっと、どうよ~という感じでいたが、料理は多くておいしかった。

いいですねえ、上げ膳据え膳、しかもおいしい、魚あり!私魚大好き、姉は肉がだめなので、
この料理は気に入ってくれました。


翌日は名倉温泉のちょうど前に位置する能登島見学。

DSC_4049.jpg


能登半島と能登島を結ぶ橋は「能登島大橋」と、「ツインブリッジ能登」の二つだけ。

DSC_4051.jpg
ツインブリッジ

DSC_4055.jpg
能登島大橋  車で通過した時も見晴らし良好
気持ちのいい橋でした

能登島大橋が最近作られた橋だそうで、遠くから見ても、通ってもなかなかの眺めでした。
レタカーで、海岸線を見て回りましたが、海水浴場やキャンプ場がいくつもあって、
夏にはいいところのようです。
11月でしたから、遠浅の海も、浜辺も遠くからでしたが、やはり日本海の海色でした。

能登ガラス美術館、能登島水族館はパスして、その近くの「道の駅能登島」で、
名物の試食買い物を楽しんで、午前中で、観光は終わり。

午後は帰り支度。
帰りの切符は、姉が乗ったことがない、米原からの新幹線をメインにしていたから、
待ち時間があまりにも多い。また駅で、早く帰れる方法に変更して、帰途。
一路大阪へ。

不慣れな電車旅行、不手際満載でしたが、自分たちで何とか形にした旅、こんなもんでしょう。

新幹線はまた来年行く時に乗ろうね、と姉と約束。
これで来年の西日本の旅行は決まりです。

スポンサーサイト
2015/11/23 Mon. 15:23 | trackback: -- | comment: 8edit