09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

千のブログ

    気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

大台ケ原  

先日の、これ以上秋晴れはないという日に大台ケ原に行って参りました。
私が子供の頃楽しんで見ていた東映時代劇、川口松太郎原作の「新吾十番勝負」「新吾二十番勝負」の
新吾が育った舞台であります。

その頃はどの辺にあるかもわからなかったのですが、大阪へ出てきてから始めて行ったときには
何か故郷へ帰ってきたような懐かしい気持ちになったものです。

大阪南部から車で、3~3時間半ほどかかります。
土曜日だったので、山頂の広い駐車場ですが、満車が予想されましたので、4時起床の
5時出発の予定でした。
ところが寝たろうのお千ですが、遠足前夜は寝られないと言うお子ちゃまタイプの私。

2時半から目が覚めて寝られません。時計を見ても5~10分ぐらいしか進んでないし、
布団の中でのたうち回っていました。
するとお父ちゃんが3時半ほどに起きだしました。
この方は私と違って、少ししか寝れない、超短時間睡眠で生きていられるという、
私からすれば羨ましい得意技の持ち主。

やった~とばかり起きだしたら、夫が怪訝な顔。
「なんやねんこの早起きは!」と言う顔。

一緒に行くということで昨晩から泊まっていただいていた夫の姉も、起きだしてきました。
この方も夫と同じタイプ、一度目が覚めたらもう寝られないという。

素早くお弁当をこしらえて、身支度後、予定より早く出発。

早朝の風を切って車は大台ケ原へと。
後部座席で、姉とおしゃべりをしていた私ですが、
急に気分が悪くなった。寝不足による車酔いです。
車を止めて車外の風を吸っていました。

その頃にはもう大台ケ原の山すそ辺まで来ていたので、山頂の駐車場を目指して
何台もの車が追い越してゆくのです。
こんなところで時間をつぶしている場合ではない。
車が置けなくなる。何のために早起きしたかわからない。
慌てて飛び乗りましたが、また気分悪い、車を止めてもらったりを3回ほど繰り返してようやく頂上へ。

駐車スペースはなんとかありました。あと数台でアウトというところでしたが。

DSC_3857.jpg


DSC_3859.jpg


DSC_3860.jpg


DSC_3856.jpg


DSC_3868.jpg


DSC_3889.jpg


DSC_3894.jpg


DSC_3904.jpg
この大蛇嵓は高いところが弱いという方にはおすすめできません。
私は大丈夫ですが、この混雑ではだれかが滑ると突く飛ばされそうで、先までいけませんでしたが。

DSC_3909.jpg


スポンサーサイト
2014/10/21 Tue. 13:58 | trackback: 0 | comment: 10edit