04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

千のブログ

気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

小鳥たち 

散歩道の小鳥たちです。

公園に入ってすぐに出会いました。
セグロセキレイ
E71_5180.jpg



E71_5181.jpg



E71_5184.jpg



E71_5189.jpg



E71_5191.jpg


トラツグミ
ちょっとお目にかかるのが難しい小鳥です。
つぐみでしたら、また!?というくらいお目にかかるのですが。
お腹も背中も「トラ」模様です。
E71_5222.jpg


E71_5227.jpg


E71_5240.jpg


E71_5248.jpg


E71_5265.jpg


E71_5273.jpg


E71_5295.jpg


最近出会いません。今季はこれが最後か、
ルリビタキ
E71_5308.jpg


ツツジ
E71_5316.jpg


E71_5319.jpg


スポンサーサイト
2017/05/01 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 0edit

散歩道の小鳥 

新しい散歩道は、景色にも恵まれ小鳥もいろいろ見かけます。

今までは、青い綺麗な鳥、ルリビタキ、メジロ、トラツグミ、シロハラ、オオアカハラ、エナガ、シジュウガラなどを見かけましたが、
これからは冬鳥に変わって、夏鳥に出会えることでしょう。

冬鳥には晩秋の肌寒くなってくる頃までお目にかからないでしょう。ちょっと寂しい感じですが、
その代わり、オオルリ、キビタキなどの夏鳥が見られると楽しみにしています。


シジュウガラ
E71_5416_3253_01.jpg


寒緋桜とメジロ
E71_5149.jpg


E71_5152.jpg


E71_5160.jpg


E71_5161.jpg


E71_5171.jpg


E71_5174.jpg

水間寺 ご近所の有名なお寺です。
DSC_4864_3356.jpg


DSC_4868_3360.jpg


DSC_4867_3359.jpg


DSC_4866_3358.jpg
2017/04/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 6edit

賢い帽子 

新しい散歩道に通うようになって、数か月がたちます。

今までだったら、私は夫に1時間ほど遅れていくことが常でした。
最近夫が家事を手伝ってくれるとはいえ、
主婦ですから、ある程度済まさなければ出かけられません。
やはり私の用が多いというか、説明して頼むより自分でしたほうが早いこともあって、
私の方の支度が遅く、夫が車で待っています。

慌てると忘れ物をするとわかっていても慌てます。
先日も、紐靴を履き終わったところで帽子を忘れたことに気づきました。
最近は日差しがきつく、肌を直接焼くことには抵抗があります。
何しろややこしい年齢というか、弱くなったお肌のために。

玄関にも麦わら帽子や娘の帽子も置いてあったのですが、
最近買ったサンバイザー的な帽子が気に入っています。

前と横は格段に鍔が広いのに、後ろはほとんど鍔がありません。
だから小枝に止まった小鳥を撮るとき上を向いても、後ろの鍔が背中や肩に当たって、
前の鍔で視界を遮られることはありません。

紐をほどく時間がもったいなかったので、ハイハイをして取ってきました。
慌てて玄関を飛び出して、車に乗り込む。

慌てるのは、朝早い方が小鳥に出会う機会が多いのです。
遅くなった言い訳に、
「帽子忘れてん」
「お面は?」と夫。
「なんでお面がいるねん?」
毎度のことだけど、注意だけはしておく。

「紐靴履いた後で気づいたから、ハイハイで取ってきたのよ。
玄関にも麦わら帽子や、ピアの帽子もあったけど、鍔が後ろにもあるから、
小枝に止まった小鳥を写すとき、鍔が背中やら肩に当たって、顔が隠れるし、」
「賢い帽子や」
「なに!それ!」
もう、ああ言えば、こう言う。
夫にはとても口ではかないません。
「私の悪口は言わんといて」
「悪口じゃない、オブラートに包んでるし。よう考えらなわからんぐらいや」

どこがオブラートや、溶けてるやん。よう考えらんでもわかります。何十年付き合うてると思うてるねん。
腹立ち7割、うまいこと言うなあ3割!

「賢い帽子」か、なんか童話のタイトルにはいいなあ。
なんて考えている私です。

散歩道にて
E71_5090.jpg


E71_5175.jpg


ソメイヨシノとメジロ
E71_5096.jpg


寒緋桜とメジロ
E71_5103.jpg


E71_5108.jpg


E71_5122.jpg


E71_5130.jpg


E71_5133.jpg


E71_5142.jpg


E71_5143.jpg


E71_5144.jpg


E71_5147.jpg


八重桜
E71_5423_3257.jpg


DSC_4858_3350.jpg


ソメイヨシノ
DSC_4860_3352.jpg


DSC_4862_3354.jpg


2017/04/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

こんな道歩いています  散歩道パートⅡ 

一週間のうち4~5回は通っているだろうか、新しい散歩道。

最初はルリビタキや、アカハラ、ツグミなどの冬鳥がいたのですが、
最近はオオルリ、キビタキなどの夏鳥を見かけるようになりました。

昨日今日のように気温が20度を超えてくると、
もうルリビタキはいないなあと思ってしまいます。

メジロや、スズメなどはずっと見られるのでいいですが。

今から公園の人出は多くなるでしょう。
気候のいい時だから。

7月ぐらいになると暑さのせいで減って来るでしょうね。
でもこの時期こそ、木陰の自然の涼しさは、気持ちいいのですが。
公園に着くまでが、車の乗り降りで汗になってしまうのでしょうね。

汗は冬のために掻かないといけないようですが、
なるべく掻きたくないというのが常のようです。

スポーツの後のように汗をかいてシャワーを浴びて一休みも、いい感じなのですが。
めちゃめちゃ汗をかく勇気がない!


こんなところは夏でも涼しい風が期待できるかも。
DSC_4788.jpg


この階段、反対側に降りてゆくと、結構広いアジサイ園があります。
6月が楽しみです。
DSC_4789.jpg


疲れた時は一服。
私は時々足が痛くなるので、腰かけるところがあるのはありがたいです。
休むと、すぐ復活しますから。
DSC_4791.jpg


レンギョウは綺麗ですね。花はほっとします。
DSC_4795.jpg


桜も楽しませてくれました。
寒緋桜が終わらないうちにソメイヨシノが咲いて、それは綺麗でしたが、どちらも散り始め、
今は花弁のじゅうたんの上をを歩いています。
これも贅沢です。
DSC_4798.jpg


ここへ来るとしばし立ち止まって眺めてしまいます。
なんて伸びやかな綺麗な風景かと。
DSC_4800.jpg


この頃はまだソメイヨシノの咲き始めで、すっきり綺麗な時でした。
DSC_4801.jpg


緑とピンクのハーモニーがいい頃でした。
DSC_4806.jpg


寒緋桜が満開!何と艶やかな。
DSC_4810.jpg


人影もまばら、でも春を満喫できる場所です。
本当に広い。
DSC_4812.jpg
2017/04/20 Thu. 14:40 | trackback: -- | comment: 10edit

新しい散歩道 

毎日のように、健康のために歩いていた散歩道が変わりました、というか、変えました。。

今までの散歩道は自宅から車で10分と少し、円周2キロのダム湖の周りで、
人家もなく四季いろいろの風景を見せてくれるので楽しみながら歩いていたのですが、
この4月から駐車場の駐車料金がかかることになりました。
高い金額ではありませんが、毎日となると、ちょっと痛い金額になるので、
他の散歩道を探していました。

隣の市にありました。管理は大阪府で、綺麗に整地整備され、子どもが喜ぶ遊具や広場があり、
四季折々の草花が咲き、小鳥の訪れもあり、とても広く空気もよく、申し分ありません。
駐車料金もかかりますが、ここは身体障害者は無料で使うことができるので、こちらに変更しました。
夫は見た目には解りませんが、肺に障害があります。

この公園は広く、何よりも小鳥の種類が多い。
あちらこちらに東屋や、ベンチがあり、休憩や、コーヒータイムを楽しむことができます。


とても広いので、色々なコースがありますが、何回も通ううちになんとなくルートが決まってしまいました。
駐車場をあがって、右回りにこの道を歩きます。
DSC_4785.jpg


この展望台にくるまでに、子供たちの喜ぶ遊具があり、今まではルリビタキや、トラツグミなどがよくいました。
今はユキヤナギの綺麗な時期です。
DSC_4787.jpg


樹々と緑の多いところで、ちょっと一休みもできます。
DSC_4790.jpg


4月は桜の季節。今年は寒かったせいか、少し遅れめで、左の赤い桜が「寒緋桜」、右後ろが「ソメイヨシノ」の咲き始め。
DSC_4792.jpg


右の黄色の花が「ミモザ」
DSC_4793.jpg


斜面に「レンギョウ」、遠くに白い「雪柳」、左上の白は「モクレン」。
DSC_4794.jpg


黄色のレンギョウの向こうは、モクレンとコブシ。その向こうに寒緋桜が少し覗いています。
DSC_4796.jpg


レンギョウの咲いているところから、少し下がったところを見た。
DSC_4799.jpg


タンポポとオオイヌノフグリ。とても小さいですが、一面に咲くと可憐できれいです。
DSC_4802.jpg


レンギョウから下を眺めたところ
DSC_4803.jpg


2017/04/15 Sat. 00:00 | trackback: -- | comment: 6edit