02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

千のブログ

    気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

梅林 パートⅡ 

まだ寒さは残るものの、暖かい日も巡ってきています。
春もそこまで、という頃になりました。

散歩道の桜のつぼみも膨らんできています。
開花が待たれます。

桜の頃は、いつもは人もまばらな道も、人、人で狭い道は一方通行になってしまいます。
私の散歩道は、この2月、一部木々の伐採が行われて、すっかり小鳥たちが姿を
消してしまいました。

歩きながらの、小鳥撮影ができなくなった仲間たちは、隣の市ですが、
近くの大きな公園に移動してしまいました。
私たちも出かけてみましたが、小鳥の数も種類も多いこと。
季節季節の花も多く、周囲をぐるっと回ると、結構な距離になります。

私たちは歩かなければならないのですが、小鳥たちにつかまって、
少ししか歩けない日もあります。
このままではこちらの大きな公園に、散歩道が移ってしまいそうです。

とりあえず、さくらの季節が終わり、人込みが解消されるまでは、梅林のある公園か、
隣の市の大きな公園めぐりが日課になりそうです。


梅林、パートⅡです。

DSC_4738_2205.jpg


DSC_4729_2196.jpg


DSC_4735_2202.jpg


DSC_4713_2180.jpg


DSC_4716_2183.jpg


DSC_4723_2190.jpg


DSC_4736_2203.jpg


DSC_4742_2209.jpg


DSC_4747_2214.jpg


DSC_4750_2217.jpg


E71_3672_2173.jpg


DSC_4751_2218.jpg


DSC_4752_2219.jpg




スポンサーサイト
2017/03/21 Tue. 00:00 | trackback: -- | comment: 2edit

梅林 

家から車で30分ほどで、この辺りではよく知られている梅林がある。
特にしだれ梅はそれは見事で、盛りの頃はうっとりとしてしまう。

辺りに、人家などはあまりありません。造成中の土地にダンプなどが行き来しています。
広々とした感じも好ましいです。

梅林ばかりではなく、季節にはそれぞれの花が見事に咲き誇る。
梅の後は桜、ポピー、ラベンダー、ヒマワリ、チュウリップや薔薇などが次々と咲き、
年中花で彩られている。

特に梅は大好きで、この季節3度ほどは毎年訪れている。
梅にメジロもやってきます。
メジロの写真は、次々回くらいで見ていただきたいと思います。
今回と次回は梅をご覧ください。


DSC_4709_2176.jpg


DSC_4710_2177.jpg


DSC_4717_2184.jpg


DSC_4746_2213.jpg


DSC_4722_2189.jpg


DSC_4744_2211.jpg


DSC_4745_2212.jpg


E71_3675_2175.jpg


DSC_4725_2192.jpg


DSC_4748_2215.jpg



2017/03/16 Thu. 22:54 | trackback: -- | comment: 6edit

 

自分の顔はよく見るけど、美人でなくてもいいから、いい顔になりたい。

年を取ってくると、しわもシミもどんどん増えていって、正直見たくない。

家族となるとどうだろう。
心が通じる顔でいたい、そう思うけど。

夫は冗談ぽく「俺はイケメンだ」的なことを言う。
私は「はいはい」。
「はいは、一回!2回言うと否定だ」
「だって、毎日顔を拝ませていただいて、向かい合ってご飯も食べてきたけど、
男前の顔を見せて貰ったことがない」のだから。

「姉の友達も兄嫁の姉さんも言うてはったやろ」と、夫。
そう言えばそんなことを言うてくれていたなあと、思い当たる。

で、いつだったかずっと若い頃、夫と並んで歩いていた時、
前から来た女性が夫の顔を見ている。
んっ!夫はどんな顔をして歩いているんやろう!?
そう思って前に回って顔を見た!

違う!家で見ている顔と違う!

これならイケメンと言われても、否定はできないかも。
なんで?!

家に帰って、夫に抗議。
「なんで顔が変わるねん!家の中の顔と違うやんか!」
「知らんよ!」
「家に帰ると、普段着に着替えるみたいに顔も変わるんや。
ちょっとぐらい、家でも余所行きの顔をしてくれへん」
「そんなん、別に気にしてないから、わからんし」

なんて会話が何回かあった。
で、最近も、

「こんなことがあるんや、私も外では余所行きの顔になっているやろうか?」
「俺は前に回って君の顔を見る勇気がない!」

「勇気?!なんで私の顔を見るのに勇気がいるん!」
「いや、あの、その……」
返事できない夫。
言いたいセリフはわかっている。

「今晩のごはんなし!」
「なんで兵糧攻めになるねん、かなわんなあ」

お金もかかりません。
どこかへ出かける必要もありません。
思いっきり、声を出せるからストレス解消!

こんなアホなこと言うて、時間潰してるの、私らぁだけやろうな。
今の私らを見たら、ただの爺様とばあ様が何を今更という感じやけど。


メジロがたくさん飛んでいます。
色も顔もかわいい!
E71_1835_897.jpg


E71_1889_945.jpg


E71_1937_970.jpg


E71_1985_1007.jpg


E71_2029_1043.jpg


E71_2094_1086.jpg


雨上り
E71_2067_1062.jpg


E71_1995_1017.jpg


E71_2117_1102.jpg


E71_2124_1109.jpg







2017/03/01 Wed. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

作りました 

私がよくお伺いするKさんのブログで見ました。

昭和の香りの濃い献立、「大根寿司」

私はお寿司が大好きなんです。
ご馳走と言えば「寿司」なのです。
誕生日や、何かのお祝いには一番先に思いつく献立です。

最近では「握り」が多いですが、お寿司なら何でも好きです。
特にちらし寿司は手軽にできる上、野菜などがいろいろ入るので、栄養価の面から言っても優れもの。

余談ですが、去年弟が用があって、兄弟の家を順番に訪れたようです。
私の育った家もご馳走と言えばお寿司だったわけですから、3番目の私のうちに来た時、
お寿司を見て、あまり嬉しそうな顔をしませんでした。

で、ピンときました。兄の家も姉の家もみんなお寿司で歓待したようだと。
最後の私の家までお寿司だったので、「えっ、また」ということだったのでしょう。

「早く、気づけばよかったね」
と言ったものでしたが、そこは温厚な弟、しっかり食べてくれましたが。

話は元に戻ります。
「大根寿司」具は、大根、里芋、薄揚げだということでした。
で、早速作って食べてみました。

DSC_4653_1257.jpg



大根のシャキっとした感じ、里芋の砂糖とは違った甘み、うす揚げのうまみ、美味しかったです。
わたしはそこに、大根葉をさっと湯がいて絞り、みじん切りにして散らしてみました。
大根葉は大根より栄養価が高いといわれるのに、あまり人気がないようですが、
この少しある苦みがうちの家族は大好きなのです。
色もきれいだし。

大根葉はお浸しの、ホウレンソウ、シロナなどの苦みの少ない野菜には少し混ぜ込みます。
ちょっと苦みがある方がうちの家族には受けます。
娘など、大胆に大根葉だけでお浸しを作ります。夫や私は食べますが、これは好き嫌いがあるように思います。

大好きなお寿司のレパートリーが増えて、喜んでいます。

2017/02/04 Sat. 00:05 | trackback: -- | comment: 6edit

ある日の食卓 

私たちは今現役を退いて、自由な日々を送っています。
夫はもう少し働きたかったようですが、還暦前に腸閉塞、その一年後に心臓バイパス手術を受けました。
しかもバイパス手術は失敗で、職場でシルバーとして働く道も閉ざされました。

60歳だから、もうリタイヤしてもいいじゃない、ということで、
2回の大手術の後の弱った体を鍛えることに専念しました。
だいぶ体力もついてきたところで、ただ歩くだけではもったいないと、趣味だったカメラを持って
歩くようになりました。
このブログのトップの写真のみは夫の作品です。
よく、トップの写真いいわねえ、お上手ですねなんてお褒めの言葉を頂きますが、
実は私めの作ではありません。
私のは本当に下手の横好き、ピントは甘い、枝被りなど構図はいまいちなんですが、
可愛い小鳥の写真が大好きで、小鳥を追っかけて歩いています。
2~3時間ぐらいはあっという間にたってしまいます。
つたない写真ですが、小鳥は可愛いので見てやってください。

散歩が終わると、昼食。
我が家は昼食がメインなんです。
夜は昼食の残りものに、湯豆腐なんかが付くぐらいで、少しです。

昼食の品数は多いですが、野菜中心の低カロリー,減塩を心がけています。

DSC_4652_891.jpg

前列左から、
1、   人参とこんにゃくの白和え
            材料は、上記の食材にすりゴマと砂糖が入るだけです。

1、   スライス大根と玉ねぎの酢の物
            これは夫に作ってもらいます。
            いわゆる男の手料理です。

            材料は、大根、玉ねぎ、生わかめ、焼きのり、めかぶまたはもずく、
                ゴマ、ぽんず、えごま油
            えごま油は、認知症予防にいいそうで、娘が買ってきて使えということです。

1、   おひたし
            この日は菜花ですが、今から出る種先と見た目が変わりません。
            菜っ葉の先に花の蕾が固まってついていて、綺麗ですし、なんか春の息吹を味わえます。
            ホウレンソウ、菊菜、小松菜、白菜、ター菜、シロナなど種類が変わりますがほとんど毎日お浸しは作ります。
            ゴマと鰹節を和えます。上に乗っているのは醤油麹で、家で作りました。


後列左から、
1、   酢の物   白菜、大根葉、使えそうなものは何でも使います。
            キュウリや、大根の白いところなど。
            これは彩に、カニ蒲鉾を使いました。
            甘酢の他にレモンやゆず、茗荷、大葉を使うと結構いい味に仕上がります。

1、   ロールキャベツ
            キャベツ、ミンチ、牛乳、パン粉など一般的なものを使います。
            我が家はケチャップをかけていただきます。


これといって目新しいものも、貴重な食材もありませんが、満足をして食べています。
肉や魚はどちらか一品を使います。この日は豚ミンチでした。
但し、焼き魚に、野菜炒めの豚肉が少し入ったりすることもありますが。

野菜はいいですね。
スーパーでも買いますが、ここは結構田舎なので、週に2~3日ほど、お百姓さん直売の店が開きます。
新鮮でお値段が安い。安くても農協に卸すより高い値段のようです。
小売りになるので、面倒でしょうが、私たちは生産者の顔を見て味わえますし、
売る方は触接感想を聞くことができる。

これとは別に散歩道のお仲間から大根などを頂くときがあります。
知り合いのお百姓さんが作っているそうです。
去年などは私の足より大きな大根を頂きました。
こんな大きな大根見たこともなく、第一大きすぎて、中にスが入っていて食べられないのではと思ったものでしたが、
一本を5個ぐらいに切ると、1個がまな板の上に乗ります。
それをまた持てる大きさに切って使うのです。
味は、それは柔らかくておいしかった。作った方としては充分代金を頂けるものでしたが、
大きすぎて多分スーパーでも引き取ってもらえなかったのでしょう。
おでんのように似つけたり、きんぴら、酢の物、おろしなどしていただきました。

毎日の献立は、冷蔵庫にあるものから組み合わせます。
まず献立を決めて買い物に行くと、不経済ですから。
買い物と、献立の組み合わせ、これが私の主な仕事です。


2017/01/20 Fri. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit