07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

鶴の一声 

父はお酒が好きだった。
毎日晩酌をしていた。

そのまますぐ寝てしまうこともあるが、時々机の前に座って何か書いている。
覗いてみると、計算。
しかも、1,23×12,345のような、小数点を含んで4~5桁ほどの数字の掛け算だ。
お酒飲んだ後でこんなことをする?!間違うで!
今のように計算器がある時代ではなかった。

父は、5歳のときから、漁師だった父親(私の祖父)が病気で寝ていたから、父親の仲間の漁師の船に乗せられて、
漁をしていたそうだ。8歳頃には一人前の漁師の仕事をしていたという。

祖父の仲間の漁師が、生活の成り立たなくなった仲間を助けるために、その息子を連れだしたのだろうと思う。
ただ生活の支援をすれば父親が気を遣う、息子の稼ぎだと、言えば、お金でも魚でも受け取りやすいとの
思いやりだろう。

だから父はまともに学校に行っていない。
漁にならない日か、漁の休みの日に通ったぐらいだろう。
父は、「小学校4年しか行っていない」と、よく言っていた。
それでも、字は読めるし、書ける。
上記のような計算もできるからすごい。

私など、病気で休む以外、いや、病気で休んだ記憶はないから、毎日ぼんやり通っていただけだ。

この時、私は確か小6か中1ぐらいだったと思う。
算数、数学ではもっと難しいことをやっていたから、こんな計算はめんどいけど、掛け算と小数点の位取りさえ間違えなければどうということはない。

お酒を飲んだ後でこんな計算をするのは可哀相に思えた。

「そんな計算やったら、できるで。やったろか?」
と言ってみた。
普段は優しい父が、きっと怖い顔をして、言った。
「間違ごうたら、信用を無くすか、損をするんやで」

父は青年になると漁師ではなく左官業をしていた。壁を塗る職人さんだった。
家の壁の面積を計算して、この材料だったら、いくらといった、壁塗りにかかる見積もりを出さねばならないのだ。
面積を多く出すと信用を失い、少ないと損をするということだ。

「間違えなければいいでしょ」
私は言った。
父はむっとした顔をして、何を言おうか考えている。

「お千に任せた方が確かやで」

台所で片づけをしていた母の、
鶴の一声だった。

「ほな、やってみい!」
父が紙切れを渡してくれた。

私は小さい頃から計算が得意だったようだ。
はっきりとは覚えていないけど、3歳頃母と一緒に買い物に行って、母の買ったものの合計とお釣りを先に計算していたという。
多分上に兄と姉がいるので、それを横で聞いていたせいだと思う。
教えてもらっている人より、横で見ている人が先に理解することは往々にしてある。

ぼんやり記憶にあるのは、母に買い物を頼まれて、買ったものと、お釣りを計算して、
貧しい私たちが損をしないように、と考えていたと思う。
相当おませさんだったようだ。
お店の人が面白がって、よそのお客さんの分まで計算させられていた。

だから両親は私が小学校に上がるのをとても楽しみにしていたようだ。
ところが入学しても成績はよくもなく、悪くもない、目立たない大人しい子だったそうだ。

時々目を覚ましたようにハッスルするのは、弟を苛める子供たちをやっつけるために、追っかけまわす時だけのようだった。
(「姉ちゃん母ちゃん」で紹介しています)

長くなりますので、この後は次回「鶴の一声、2章」に続きます。


ウグイス
E71_7982_01.jpg


E71_8000_01.jpg


大きな口です、ホーホケキョが聞こえてきそう!
E71_7997_01.jpg


E71_7998_01.jpg


E71_7999_01.jpg


ヤマモモとスズメ(少し前の写真です)
E71_8003_01.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝






スポンサーサイト
2017/08/17 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 10edit

熟年者サロン 

家の近くに、週に2回、近くのお百姓さんが野菜を直売してくれるところがある。
小さな小屋が建てられていて、お昼から営業しています。

新鮮で安い!
高齢化してきた私たちは今野菜中心の食生活です。
勿論タンパク質も必要ですから、肉や魚は一品は入れるようにしていますが。

このお店は去年までは、作物をご主人が運んできて、奥さんが売っていましたが、去年ご主人がご病気で亡くなりました。
もう店じまいかと思ったのですが、奥さんは、畑は農協にお務めの息子さんが休みの日に耕運機で耕してくれるので、種を撒いて収穫するだけだから私だけでもできるよ、そう仰って、続けてくれています。

奥さんのお年は確か、80歳の少し前、体を動かしているせいか、凄く元気です。何よりも計算がすごい、そろばんなんか使いません、暗算です、速くて正確!

私も週に2回、お昼ごはんや片付けを済ますとこのお店に行くのです。

お店には野菜とは別に片側に椅子がいくつか並んでいて、熟年女性が数人坐ってお喋りしています。
ご近所の方、親しくなったお客さん、親戚の方と様々ですが、
私も毎回顔を出しているうちに、すっかりお馴染になってしまいました。

最初はお客さんが来られると邪魔にならないようにお喋りはストップしていましたが、
わたしが入って行ったぐらいでは、おしゃべりはストップしません。

「毎日毎日おかず作るのいややわ」
「旦那さんがいると三度三度の、ご飯の支度だけでも、この暑いのに疲れるわ」

店の奥さん、私の買ったものを袋に詰めながら、
「婿さんがおらんようになったら、栄養が偏るで」
と、忠告。
ああ、なるほどね、と思いました。

一人になったら、まず食欲がない。何を作ってもおいしいと食べてくれる人がいない、
自分のためだけにしんどい思いをしておかずを作らない、ありあわせで、なんてことになるだろう。

去年まで、しっかり旦那さんの食事の支度をしていた人の言だから、説得力がある。

なおも、熟年サロンの方々の話は続く。野球のこと相撲のこと、ドラマのこと、
私は、このサロンが続くことが、奥さんのためにはすごくいいと思っている。

たわいないことが多いが、他人と話す、これがいいらしい。
野菜作りをしているから、体は充分に動かしているだろうし。

店を開く日には、熟年サロンも開催。

買い物をを終えたら、奥さんを始め皆さんが送ってくれる。
私は一言、二言は発するが、みんなに交じっておしゃべりをしていられない。

食事の支度を筆頭に、家事がある。
ブログも散策も、散歩も撮影も、できたら読書もしたいけど、
何をするにも今までより時間がかかるし、
今はちょっと時間がない。

忙しいうちが華でしょうか!

ヨシキリ
E71_7967_01.jpg


E71_7973_01.jpg


カワラヒワ
E71_7938_01.jpg


E71_7941_01.jpg


モンキチョウとタンポポ
E71_7936_01.jpg


ネジバナ
E71_7959_01.jpg


E71_7958_01.jpg


クチナシ
E71_7952_01.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝






2017/08/12 Sat. 00:05 | trackback: -- | comment: 12edit

大活字本 

読書は好きだけど、この年になると小さい字は読み辛い。
私は極端な近視ですから、いつも近視用メガネをかけています。
ところが、新聞や本などの近い場所で読むものは読みづらい。

眼の悪くない人はここで老眼鏡をかけるのでしょうが、私は近視用の眼鏡をはずすと、
近くのものがよく見えます。
買い物などで使うキャッシュカードの裏の小さい文字もメガネをはずすとよく見えます。

普段は眼鏡を使っていないが、手元の文字を読むのに老眼鏡をかける人と、私は反対の行動になります。
どちらにしても年を取るということはこういうことで、今までと同じでは不具合がでてきます。

読書も、近くの図書館を利用していますが、
普通の活字では読みずらい。
ところが少し前から「大活字本」というのが置かれています。
私たち団塊の世代の読書用と言うことです。

私たちは戦後の一番出生数が高い年の生まれです。
昔からゆりかごから墓場まで、競争率も高かったし、同世代が多い。

その同世代が、小さい文字が見えにくい年代になってきたということです。
普通の書籍はこんな感じですが、
DSC_5220.jpg

大活字本になると、
DSC_5219.jpg

こんな感じで、かなり文字が大きくなります。
私はものすごく助かっています。

先日までに、池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」24巻読破しました。
楽でした。
私は「剣客商売」の方のファンなので、普通の文字の全巻を2回読んでしまいましたが、
今はこれの大活字版が出るのを待っているところです。

「キビタキ」
これは6月5日の撮影のものです。この日以降残念ながらキビタキを見ていません。
声はしているようですが、姿を見せてくれません。
子育てが一段落したらまた姿を見せてくれるでしょうか。
E71_7464.jpg


E71_7462.jpg


「ヨシキリ」
賑やかな声で鳴く愛嬌のある鳥ですが、数日前に芦原がきれいに刈り取られていました。
それ以来姿を見せません。
どこかに引っ越ししたのでしょうか。
散歩道の途中にある芦原だったのに、その道を通る楽しみが一つなくなりました。
E71_7385.jpg


E71_7397.jpg


「ツバメ」
たぶん子供でしょう。親鳥が運んでくる餌を待っています。
E71_7316.jpg


E71_7330.jpg


「ムクドリ」
E71_7290.jpg


「マガモ」
E71_7289.jpg


「菖蒲」
E71_7303.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/07/16 Sun. 00:00 | trackback: -- | comment: 16edit

お菓子づくり講座 

住んでいる自治体で、色々な講座を開催している。
住民の参加は無料、材料費等は実費が要りますが、習い事でお月謝がいらないのは何とも魅力的。

ずっと家事と仕事で、習い事など何もしていないのでこの機会に、3講座受けることにしました。
まず、第一は「お菓子づくり講座」

説明書きによると、簡単な洋菓子のようである。

私は和菓子が好きで、見よう見まねで作ってきた。
羊羹、柏餅、だんご、ぜんざいなど。
洋菓子は?洋菓子と言えるかどうか、「ホットケーキ」位は焼いたことがあるが。

その一回目。
二品。
一つはプリン、
あと一つは、焼き菓子。

講師の先生も50代ぐらいでしょうか、気さくな方でした。
一テーブルに4人で、4テーブル。
多過ぎず、少な過ぎずの人数でした。

材料を計って焼くのですが、カラメルから作るので、ちょっとまごつきましたが、なんとか。
と思ったのですが、大失敗!

カラメルは成功したのですが、プリン本体に砂糖の入れ忘れ。
何とも、お味は!?
ちゃんとできていても、売っているのよりは甘くないという話でしたから。
正直、卵と牛乳の味しかしませんでした。

持ち帰ったのを試食した娘、「これにお砂糖が入っていたら、おいしいと思うよ!」ということ。
残念!

あと一つは、「ブラウニー」と言う焼き菓子。
聞いたこともない名前ですが、焼き菓子としては一般的なもののようでした。

材料は、チョコレート、バター、卵、砂糖、牛乳、薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、くるみを
混ぜて焼くだけ。
普通は型に入れて焼くようですが、使ったのは空になった牛乳パックを縦に二つに割って、型を作り焼きました。
直接生地が当たるところはクッキングペーパー、その外はアルミホイルですから、キチンと焼くことができました。

洋菓子を作るなど、初体験。
実は娘、私と違って、洋菓子を小学校一年の時から作り始め、6年ごろにはクリスマスケーキ、特別高価でなく
普通に売られているのよりおいしいものを作っておりました。

この娘に私が初めて作った洋菓子を見せた時は親子が逆転。

「何作ったん?」と、娘。
「えーと」名前すら忘れてしまった母。
「見たらわかるかなあ、一般的な焼き菓子やそうだから」と、母。
牛乳パックに収まって、アルミホイルで巻いた一面しか見えない菓子を見て、
「ブラウニーやなあ」と、娘。
「さすが、こんだけでわかるんや」と、びっくりする母。

少し切り取って、口に入れて、
「うん、美味しい、美味しい」と、初めて菓子を作った子供に言うようなセリフ。

しばらくして、私と夫が味見した残りを食べておいてもらおうと、
「えーと、あの焼き菓子、名前又忘れた……」
娘、
「ブ」
「えっ、ぶ?、ああ、ブが付くんやねえ、ブ……」
ちょっと考えていたら、思い出しました。
「ブラウニー、まだあるから適当に食べておいて」
やっと会話になりました。

ン?

これって、脳訓練!?

やっぱりね。
私のこの性格、夫も娘も心配してるんや。

ありがたいけど、ちょっぴり悲しい!


キビタキ
最近あまりお目にかからなくなった。これらは5月末撮影の分ですからずいぶん前です。
E71_7268_01.jpg


E71_7271_01.jpg


E71_7276_01.jpg


E71_7278_01.jpg



イバラ
E71_7281.jpg


キンシバイ
E71_7282.jpg


タンポポとアカツメクサ
E71_7283.jpg





a href="//senior.blogmura.com/senior_dankai/ranking.html">
にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/07/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 11edit

緑化センターの紫陽花 

季節がら、あじさいをパート1,Ⅱとアップさせていただきましたが、
なんとなく物足りない。はっきり言うと下手。

で、師匠の指導の下、もう一度場所を変えて撮影、アップさせていただきます。
一見変わりないように見えると思いますが、自己満足だけは少しできましたので。

でも花も難しい!


緑化センター入り口。
こちらもきれいに整備されています。
DSC_5218.jpg


紫陽花園
DSC_5207.jpg


E71_7807.jpg


E71_7813.jpg


E71_7796.jpg


E71_7806.jpg


E71_7808.jpg


E71_7803.jpg


DSC_5216.jpg


DSC_5214.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝




2017/06/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 2edit