09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

お腹いっぱい御飯を食べたい! 

ジャーナリストの木村太郎さんのなさっていたお話です。
あの頃の日本人の目標は、

お腹いっぱいご飯を食べたい」

だったそうです。

それを聞いて思い出しました。
私は昭和22年終戦後の生まれです。
木村太郎さんは昭和13年のお生れです。
いつも実の姉のようにしていただいている義姉(夫の姉)も同じく昭和13年生まれ。

終戦の物のないときは小学校低学年。
いつもお腹を空かせていたそうです。
今は大阪では比較的静かなところに住んでいますが、その頃は自分の家の土地はなくなり、
坊ちゃん育ちの父と、病身の母と、長姉、義姉の下には、3人の食べ盛りの弟がおりました。
その弟達に食べさせるために、母と長姉は食べるのを我慢したのでしょうね、栄養不足で病気になり、亡くなってしまいました。
義姉はいつも、
「白いご飯をお腹いっぱい食べたい」
そう思って暮らしてきたとか。

大阪での義姉たちの生活は想像できます。大変だったと思います。
今はたくさん孫やひ孫に囲まれて、幸せそうですが、
「今はお腹一杯ご飯を食べられるね」
と、言っても、
「もう胃が小さくなって、ちょっとしか食べられない」
と言います。が、戦後の空腹を我慢した記憶は消し去ることはできないようです。
今でも、
「お母ちゃんと、お姉ちゃんに、お腹いっぱいご飯を食べさせてやりたかった」
と、そう言います。
十歳前後の食べ盛りに食べられなかった辛さは、どんなだったでしょう。

私にも実感として頷けるものです。
ただ私は、高知県の田舎暮らしでしたから、ちいさいながら畑もあったし、
目の前は太平洋。魚は捕り放題。今のように漁業組合とかはありませんでしたから。
それでも貧しかったことは覚えています。

私たち団塊の世代はこんな時代を生きてきたのです。


木村太郎さんは、
「今を見れば私たちの目標は達成できた。これからの方々は今の時代に望まれていることを目標にして!」
と話されていました。

終戦後には、最大に難しかった食料事情も、今は一部を除いては、解決されています。
それに関連して新たな問題も出てきていますが、食べる物がないなんて、
二度とこんな思いはしたくないし、させたくありません。

ただ、空腹はなくなっても、日本人の心は豊かになったのでしょうか。

注意をされたとか、ちょっとしたことで人を殺してしまったりする世の中。
あの貧しかったことを思えば、私たちも低年金で、豊かな食卓とは言えませんが、
お腹いっぱい食べられて、散歩をしたり、静かな時間を持てることに感謝をしています。



ハクセキレイ
E71_8604.jpg


シジュウガラ
E71_8615.jpg


二羽います、重なっているので解りづらいですが、奥の方は羽を広げて飛び立つところです。
E71_8619.jpg


キビタキ♀
寒くなってくると移動です。可愛い小鳥です。
E71_8630.jpg


E71_8632.jpg


エナガ
E71_8616.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/10/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

漢字検定の先生 

もう一昔も前のこと。

還暦になった記念に、何か心に残ることをしよう!と、思い立ちました。

そう前々から挑戦しようと思っていたことがありました。
もう年齢的に無理かなと思っていましたが、
自治体主催の「漢字検定試験講座」
というのを見つけて、これに挑戦しようと。

一人でコツコツというより、みんなで楽しくというのもありかな。
講師もいるようなので、参考になることを教えてくれるかもという期待。
もちろん無料講座です。

講師は30歳代の気さくな女性講師。
とにかくびっくりしたのはこの先生、お話がとても面白い。
「話に食いついてしまう」という感じでした。

この先生は産休先生で、女性先生が産休の間、クラス担任になるのです。
小学校低学年を担当していたようです。

その先生のお話。
子どもたちは、初めての先生には目を輝かせてこちらを向いています。
で、雑談から入るそうです。
「先生のお家、凄く狭いねん」
「どんだけ狭いん?」
「玄関入ってらすぐ裏に出るねん」
「ええ、そんなんやったら、おふとん敷かれへんや~」
「そうやねん。だからおふとん立てて寝るねん」
「ええ~!枕、落ちるやん」
(子供の質問も具体的!)
「枕はおふとんに貼り付けとくねん」
「うそや~!」
「うそ、です」
で、わ~と笑って、生徒たちの目は先生に向く。

ここから授業が始まるのだそうです。

こんな先生だったら、授業が楽しいだろうなあと思いましたが、
後から考えると、私たちもまんまとこの手に乗せられていたのでした。

最初に受ける「級」を決めるためのテストがあり、
丁度その日は体を動かす集まりがあって、運動をした後でした。
運動した後というのは頭がいつもより働くそうな。

お陰で、成績が良かったので、2か3級かのどちらかをということになって、
ちょっと無理をして、2級を選びました。

さあ大変、
それから猛勉強。
20歳で勉強を止めているから、40年ぶり。
頭さび付いてるし。
というより、脳というまな板の上の食材をひとつ足すと、ひとつまな板から落ちてしまう、
という感じでした。

今記憶にあるものの量をこれ以上増やせない状態。

でも、めげずに、若いときにはこんなに時間かからんかったなあ、とぼやきながらも、ひたすら暗記。
先生の授業も楽しかった。
頑張って、そして、

試験当日。

1~2級の試験会場がようわからん。
娘の学校の近くということで、電車で天王寺まで連れていってもらって、ついでに試験会場まで娘同伴。
ここでも親子逆転。手間のかかる親や。

「落ち着いて頑張りや」
「もうみんな忘れてしもうたような、不安やなあ」
「いける、いける、自信もって」
励まされて、会場に放り込まれた。

後日、合格発表がありました。
家族の次に連絡したのが講師の先生でした。
すごく喜んでくれました。

で、先生のお話によると、この講座を受けて、受験した方は皆合格したこと、
そして皆講師の先生に連絡があったこと。
そのこともすごく嬉しそうでした。

この先生も、産休先生にしておくのはもったいない!

つくづく思ったものでした。


涼しくなるにつれて、小鳥さんの姿がちらほら。
カメラを向けると、さよならとばかりに飛び去る。
なかなかカメラに収まってくれませんが、運がいいと!
E71_8421_01.jpg

ヤマガラで~す
E71_8454_01.jpg


E71_8467_01.jpg


おまけに、アベリアとクマ蜂
E71_8433_01.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/10/01 Sun. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

産休先生なのに 

だいぶ昔のことになりますが、ある産休先生のお話。

A君が小学1年生の頃、ある日顔に少し傷を作って学校から帰ってきました。
それを見つけたお母さん、どうした傷かとA君に尋ねました。

いつも乱暴をするB君に叩かれたとのこと。
これは放っておけないと、担任の先生に連絡しました。
しばらくして、担任の先生から連絡があり、
「B君は今日風邪で学校を休んでいて、家から一歩も出てないと、B君のお母さんが
言っています。恐れ入りますが、学校の方に来ていただけませんか」

ということでした。
これはどういうことか、お母さんは困ったことになったかなと思ったようですが、
とりあえずA君を連れて学校に出かけました。

B君親子が先に来ていて、A君親子を見ると、
「うちの子は乱暴者です。いたずらもします。うちの子がしたことならいくらでもお詫びしますが、
やってもないことまでやったと言われたら、いくらなんでも……」
と、大怒りでした。

先生はA君に、
「本当に叩いたのはB君だったの?」
と、尋ねました。
A君は、
「顔は見なかったけど、叩き方がB君みたいやから、そう思った」
と、答えました。

それを聞いて、先生は仰いました。
「それでは、A君は、B君じゃないのにB君と言ってごめんなさいと謝りましょう。
そしてB君はいつもA君をたたいてごめんなさい、もうしませんと、謝りましょう」、と。

二人がお互いに謝るのを、先生は微笑んで見ていました。

A君のお母さんは思いました。
この先生は子供たちや親の気持ちをちゃんと思いやれる先生だと。

そしてこの先生は、担任の先生がお産で休んでいる間だけの担任の先生でした。
こんな先生が産休先生と言われる先生なんて、もったいないと。


アベリアとホシホージャク
E71_8340_01.jpg


ウチワヤンマ
E71_8364.jpg


スズメ
E71_8403.jpg


ナンバンギセル
E71_8372.jpg


どんぐり
E71_8377_01.jpg



E71_8406.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝




2017/09/28 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

季節を先取り 

最近ちょっと用があって、時々電車に乗る。
で、気付いたこと。

まだ日中は暑いので、私は半袖を来ている。
ところが、座席に座って辺りを見回すと、女性はほとんど長袖。
ちょっと暑くはありませんか?

お節介小母さんは心の内でつぶやく。
ああいた、いた。女性でも半袖の人がいた。なぜか安心する。

男性をと見まわせがほとんど、半袖、
たまにはいます。長袖の人。勿論スーツをきっちり着こなしている紳士は、仕方ないよね、長袖でなきゃ。

今年も私は寒くなるまで半袖だろうな。暑がりだからではありません。
衣替えが遅いのです。

春の衣替えは暑くなるまで長袖だろうな、なんて思っています。

いつも思うことですが、女性は季節への反応が早い。
おしゃれ感覚が過敏なのですね。
この感覚、私にはない。
もうこの年だからではなくて、昔から疎かった。
スタイル悪いし、お金ないし、忙しかったから、色々な理由を付けてサボっていた。

周りを見渡せば、お金をかけずに上手にオシャレを楽しんでいる人は大勢いる。
見習うべきところは見習うか、と思うけど。
もうちょっと若ければね。

いやいや、今日が一番若い。
誰かが言っていた。

次の衣替えは季節を先取りするか~!



ハクセキレイ
E71_8390.jpg


ハクセキレイ 雌
E71_8398.jpg


秋の始まりです。
散歩道もちらほら色づいてきました。
E71_8381.jpg



E71_8384.jpg



E71_8387.jpg



E71_8408.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝






2017/09/25 Mon. 00:05 | trackback: -- | comment: 10edit

認知症テストと、緊張とリラックス 

私の親しい人が健康診断で、認知症の疑いがあるということでMRIを受けた。
前頭葉が少し空いているという。

その話を聞いて、私もではないかと思ってしまった。
とにかく最近忘れっぽい。
何事も覚えられない。
よく知っている人なのに、名前が出てこない。

気になるので、脳外科を受診した。
そしたらMRIを受けたら費用が2万円もかかるから、先に簡単なテストをしましょう、
それでMRIを受けるかどうか決めましょう、ということになった。

テスト!どんなんやろ?できるかな?ちょっと緊張が走る。

テストは「長谷川式認知症・MCIテスト」で、よく行われているものらしい。

テストが終わると、先生はちょっと首をかしげて、
「今30問質問しましたが、間違いがないのです。これではMRI受けても認知症の症状はまだ出ないと思いますよ」

私はちょっとほっとした。
凄く気持ちが軽くなって、もっと物忘れがひどくなってからもう一度来ます。と言って
帰ってきた。

帰ってきて夫に話すと、
「人は考え事をするとき、ちょっとリラックスをすると、いいアイデアが生まれたり、
考えがまとまったりするものだよ」

「ちょっと待って、私はこの時すごく緊張してたよ。それでも間違えてなかったのよ、リラックスしてたらどうなっていたか」
「普通の人はリラックスしたらいいアイデアが生まれたり考えがまとまったりするものだけど、君はいつもリラックスできてるから、
これ以上リラックスしたら、後は寝るしかない

「何よ、それ!私をのんびり屋の、緊張なしみたいに言わんといて!失礼やわ」」

と、怒ってみたけど、そういえばほんといつものんびりしてるなあ。
これ以上のんびりしたら、寝るしかないか、
当たってるかも!

夫のいい方は別として、今のところ認知症ではないらしい。
夫も娘も、よく私に認知症テストまがいなことをしている。
質問しても簡単に教えてくれない。
ヒントを出したりして、答えを引き出そうとする。
やっぱり周りの目は、私を怪しいと思ってるなあ!

コゲラ
E71_8231.jpg



E71_8235.jpg


エナガ
E71_8252.jpg


百日紅
E71_8205.jpg


タカサゴユリ
E71_8282.jpg


ムクゲ
E71_8280.jpg


E71_8281.jpg


ツユクサ
E71_8286.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/09/18 Mon. 00:05 | trackback: -- | comment: 12edit