02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

千のブログ

    気まぐれな写真と気ままな想いを 日々の徒然に書きたいと思います

跡継ぎ 

時代小説を書くに至って、よく耳にする「部屋住み」という言葉を調べてみました。

「部屋住み」とは嫡男の家督を相続するまでの身分、なのですが、
江戸時代は、個人より「家」に重きを置いています。
家を継ぐ、家を潰すなど物事も家を第一に考えました。

家は普通嫡男が跡を継ぐのですが、現代のように生まれた子どものほとんどが育つという時代ではなく、
子どもの生存率は50%と言われていました。
だから、家の存続のために、次男三男が必要だったわけです。
この次男三男の身分も「部屋住み」でした。

嫡男が丈夫で、特に愚鈍でなければ、次男三男は不要になるのです。

武家の家では、普通次男三男に嫁を迎えることはありませんでした。
これは〔家督争い」を防ぐためでもあったわけです。

また、武家の家でも、子どもに恵まれない家、女子ばかりの家もあったわけで、
養子に行ったり、婿に行ったりして、次男三男は部屋住みの身分を脱する人もいました。
それがなければ一生部屋住みの身分で、兄の厄介者として、家来のように一生を終えることになるのです。

この家を継ぐということは、時代小説の中ばかりでもなく、又武士の家だけでもはありません。
現代まで引き継がれているようですが、少しずつ諸事情により薄れてきているように思います。

私は小さい頃、病弱な母が弟を生んだのち、弟が動き回るようになると、追っかけまわす世話が
病弱な体ではできそうにないと父と話しているのを聞いてしまいました。
母の話によると私はそのとき5歳だったのですが、だいぶおませだったようで、
自分から弟の世話を買って出ました。
弟は可愛かったし、病弱の母に負担をかけたくなかったし、幼稚園にも行って
なったので時間はたっぷりありましたから。

後になって思ったのですが、そんな病弱な母はなんでもう一人と、子どもを産んだのだろうと。
後の話から推測すると、できてしまったのではなくて、どうしても必要だったらしいのです。

兄弟は、兄、姉、私、弟の4人でしたが、
兄が生まれた時は跡継ぎができたとそれは喜んでお祝いをしたそうです。
で、もう一人男の子を、と望んだのですが、姉が生まれました。
「女の子も一人は要る」ということでお祝いをし、三番目に男の子を望みました。

ところが私だったわけで、病弱な母はもう一人男の子を生まなければならなかったのです。

私は子供心に、弟に、
「もし私が男の子だったら、あんたは生まれてなかったよ」
なんて意地悪なことを言っていたように思います。多分周りの大人の話を聞きかじったせいです。

弟にとって、なんと可愛そうな言葉ではないですか、でも私は弟をそれは可愛がったそうなので、
その辺は許してもらえるだろうと。

なんでそこまで男の子を望んだかと。
家を継ぐことにあったのです。
家の存続が第一なのですが、そして人は老いるのです。
老いた後は長老として家の跡継ぎがその一生を看取ることも役目の一つであったように思います。

ところが、最近は家を継ぐ、家を守るという感覚が薄れてきていませんか。
色々原因はあると思いますが、良かったのか、悪かったのかわかりません。
年金なるものもできて、親は子供と同居しなくても体が動くうちは親だけで生きていけるようになりました。
孤独死もよく耳にします。

そして女性の社会進出です。
家を守ってゆくのが女の務めという感覚が薄れつつあります。

この時代の流れ、日本はどう変わってゆくのでしょう。
女性が男性と等しく社会に出て生きてゆくのは頼もしくもあり、寂しくも感じるこの頃です。


ルリビタキ メス
E71_2140_1116.jpg


E71_2235_1183.jpg


ヤマガラ
E71_2201_1175.jpg


アオゲラ
E71_2613_1369.jpg


E71_2622_1377.jpg

ジョウビタキ メス
E71_2459_1248.jpg


E71_2461_1250.jpg


コゲラ オス
E71_2355_1214.jpg


イソヒヨドリ ♂
E71_2472_1255.jpg
スポンサーサイト
2017/03/09 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

用心棒 

父と私は映画好きだ。
特に時代劇が好き。

テレビのない時代は映画館で、テレビの登場で、時代劇番組はほとんど見ていたように思う。
20歳ぐらいの時、「オールナイト」と言ったと思う、夜遅くまで映画館が
興行していた。
それに見たい時代劇があった。

昭和40年前半の夜遅くと言えば、今と違って危ない人たちが多かった。

現代はというと、数年前に電車の最終便を見て驚いた。
朝のラッシュのように、すし詰めの人が電車の吊革にぶら下がって揺れに任せて踏切を通過していったから。

私が若い頃、残業で最終便に乗ったことがある。
ガラガラの車内に座っている人は、残業に疲れ果てて居眠りをしている中年。
酔っぱらい、危なそうな小父さんたちで、女性はいなかった。

やばいと思って体を小さくして、誰からも声をかけられないうちに早く駅に着くことを願っていた。

だから、若いときの夜の外出はためらわれた。でもオールナイトの映画は見たい。

そこで思いついたのが用心棒。
時代劇大好きな父親を誘った。
働いていた私は生意気にも、
「お父さん映画に行こう、私がおごるから」
と言って。
父親はすぐにオッケーした。

多分映画を見たいより、私のことが心配だっただろうと、今ならわかる。
それと、我が家の女性、母と姉は父が煙たいみたいだった。
父の話は飛ぶ。ついて行くのが大変だ。でも私と父は思考パターンが似ている。
話がなんでここからそっちに飛んだのか、わかるし、飛んだキーになる言葉もわかった。
この言葉が出てきたから、こっちに話が飛んだんだと。

父は話をしながら晩酌をした。だから時間が長い、母は疲れているから早く片付けて寝たいのだ、それがあるから
受け応えが雑になって父が不機嫌になる。
母が可哀想だし、父の話は結構面白いから、私が間に入る。

母は片付けをしながら、翌日の支度などをしている。
父は昔の話、子供の頃のこと、若い頃や戦争のことなども話してくれた。話が飛んでもついていける。
で、自然に父は私に甘くなる。

だからこんな映画館への用心棒など、頼みやすいのだ。

考えてみればこんな頼もしい用心棒はいない。体力の無いボーイフレンドなんかはとてもじゃないけど
役に立たない。危ない人たちが出てきたら、彼女を置き去りに逃げかねない。
刃向ってくれても多分勝てない。

でも父親は違う。絶対娘を置いて逃げたりはしない。
だから危ない人たちも、父親が連れている娘には手を出さない、とそう思う。

父は病気の父(私の祖父)の代わりに5歳から祖父の漁仲間の船に乗って太平洋に漁に出た。
生活が成り立たない父の一家を思いやって、祖父の仲間がそうしてくれたのだと思う。
8歳ぐらいの時には一人前の海の男になっていたという。腕っぷしが強かった。
喧嘩も相撲も強かった。戦争も2年ほど危ない第一線にいたという。
度胸もある。

こんな父と一緒に、私は夜の繁華街に出た。
一人では見ることができない、ネオンの華やかな夜の街風景だった。

こんな父は、私の大阪行を、止めてくれた。
実家に留まっていた方がよかったかどうかはわからない、どちらか一方しか生きられないから。
父は16年前に旅立った。
父のためには近くにいてやった方がよかったと、今思う。


ジョウビタキ メス
E71_1830_892.jpg


E71_1870_929.jpg


E71_1975_999.jpg


アオジ
E71_2059_1054.jpg


シロハラ
E71_1847_909.jpg


ヤマガラ
E71_1879_935.jpg


E71_1880_936.jpg


ルリビタキ メス
E71_1964_988.jpg


E71_2071_1064.jpg


E71_2088_1081.jpg



モズ
E71_1968_992.jpg

2017/02/19 Sun. 16:28 | trackback: -- | comment: 10edit

集中力 

私が中学生の頃でした。
その頃は体の弱かった母ですが、父の仕事の手伝いで、家にはいませんでした。
二つ違いの姉と、下校後は家の手伝いをしました。

学校から帰って、家の手伝いをするのは普通ですが、私たちの頃には、そんな子供はだいぶ少なくなっていました。
勉強をしなさい、友達たちはよく言われていたようですが、私たち4人兄弟はそんなこと言われたことはありません。
勉強をしていたからではありません。

我が家は体の弱い母も働かねばならないほど貧しかったのです。我が家のモットーは
「元気で過ごすこと」「悪いことをしない」だけだったのです。

だから、勉強、宿題は後回しでした。
下校後は姉と、掃除拭き掃除を済ますと、洗濯物を取り込み、たたむ。
洗濯は、洗濯機のないその頃は母は、4時から起きて洗っていました。

洗濯物を片付けたら、市場に晩のおかずの材料の買い出しです。
献立はほとんど姉が決めていました。父親の酒の肴は刺身1船。
そして1個の菓子パンを買い、それを姉と半分こ。これが私たちのおやつでした。

姉が料理を作り、私は風呂焚きをし、姉とその日にあったことを話しながら、料理の手伝いや味見をしていました。

両親が帰ってくると、汗と埃で汚れていましたから、一番にお風呂でした。
それから御飯です。

母は毎日のように、「汚れて、疲れて帰ってきても、すぐお風呂に入れる、御飯を食べれる、
嬉しい、ありがたい」こう言って、私たちの労を労ってくれました。
こんな様子ですから、勉強ができようが、できなかろうが母の笑顔と関係ありませんでした。

前にも書いたと思いますが、試験勉強などしたことがなかった私が、
してみようかという気になって、漢字の書き取りの勉強をしたところ、98点だったのです。
しかもクラス5~60人中3番で、先生にも褒めていただきました。
母もそれは喜んでくれました。

母に喜んでもらって、私でもできるのだ、とそう思いました。
それまでは勉強の出来不出来など関係ないと思っていた母が、こんなに喜んでくれるなんてということです。

勿論勉強をするからと言って、家の手伝いをしないわけにはいきません。
手伝いが優先です。すると勉強を始めるのが7時過ぎからになってしまうのです。
友達たちは4時からしようと思えばできるから、「遅れた!」という思いが強かったのです。

しかも私は夜更かしができないときている。
11時になると決まったように瞼が下りてくる。
勉強可能な時間は4時間。中間期末考査となると、これでは足りないのです。
私は要領が悪いから、どれが重要かどうかなど全くわかりません。
1から10まで覚えるしかありませんでした。

ラッキーだったことは、数学だけはなぜか得意で、学校だけの勉強で足りていましたし、
練習も覚えることも何もありませんでした。数学抜きの教科でしたが。

4時間の間に覚えられることをすべて覚える、これだけでした。
だから机に向かったら、勉強にかかります。すぐ集中しなければなりませんでした。
時間に余裕がないから、追い詰められたのでしょね。

友達の話を聞くと、まず机の上を片付けて、鉛筆を削ったりして集中力を高めていたようです。
私は時間を削られているという追い込まれた立場から、すぐに集中できました。

勉強ができなくても何も言わない母が、いい成績だったらすごく喜んでくれましたから、
それが嬉しくてずっと頑張ったといえます。

でも家庭科の試験で、「寒天1本に水は何合?」というのが出ました。
いくら思い出そうとしても、教科書や、ノートのどこにあったのかわかりませんでした。
結局適当に書いて、やはり不正解。

後で、どこに載っていたか先生に尋ねると、
「どこにも書いていませんよ、常識ですよ」と、言われました。

そんな~!と思いましたが、よく考えてみると、その頃覚えたことはすぐ忘れてしまいました。
漢字位でしょうか、幾らか覚えているのは。
でも寒天を炊くとき、「寒天1本に水2合」
これは今でも「え~と」なんて思いださなくてもいいぐらい記憶に残っています。
勉強って何だろう?って、時々思います。
その本質を知らずにやっていたという感じです。

勉強した内容より、コツコツすることに意義があったのでしょうか?
わかりませんが、時間を追い込まれたことにより、集中力が付いたことだけはありがたかったです。




シジュウガラ
小鳥の中ではおとなしい感じです。
冬はふっくらして可愛い。(羽を膨らませることで、保温をしています)
E71_1699.jpg


E71_1697.jpg


E71_1690.jpg


山茶花の中のメジロ
山茶花の花の蜜を吸いに集まってきます。
私と同じ甘党のようです。
椿の蜜は吸ったことがあります。山茶花も多分同じような味かと。
E71_1520.jpg




2017/02/13 Mon. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

どっちが好き? 

私が中学生だった頃のことです。
父は父の弟と仕事で一緒になることも多く、揃ってお酒大好きなので、
叔父はよく家へやってきては父と飲んでいました。

叔父は赤ん坊の頃、実母の末弟に養子に出されました。
父の長兄は夭逝、次兄は戦死、で、叔父はi家にとって4人目の男子なのですが、
私が生まれた頃には父の兄弟は叔父しかいませんでした。
叔父が生まれた頃には男子が3人いたので、子供のいなかった祖母の弟に望まれて
養子にいったようです。

でも父とは仲が良くて、私たちも叔父の子供たち、女の子3人とも仲良しでした。

ある日、叔父がやってきて、いつものように父と飲み始めました。
私と姉もいたところで叔父が話すには、叔父の2番目の娘、小学校高学年だったY子ちゃんにこう言ったそうです。
「お父さんとお母さんとどっちが好き?」

叔父にしてみれば、自分の方が好きと言ってもらいたかっただろうとは思いますが、
この質問はないわなと私は思ったものです。

この時Y子ちゃんはテーブルに置いてあったお饅頭を半分に割って、
「このお饅頭はどっちがおいしい?」
と、叔父に問い返したのです。
叔父はびっくりして、Y子ちゃんとお饅頭を見比べて、答えられなかったそうです。
そしたら、Y子ちゃん、 
「お父さんとお母さんは二人でこのお饅頭一個と同じなの。どっちが好きなんて答えられません」
と、言ったそうな。

やったね、Y子ちゃん!その通り!
叔父は頭を搔きながら、それでもとても嬉しそうでした。

このY子ちゃんに会うのは、大阪に出てきた私はお葬式の時ぐらいになりました。

仲良しの父と叔父は、16年前、父の死後9日後、それこそ後を追うように黄泉に旅立ちました。
今頃は二人で、止める妻はまだ現世ですから、好きなだけ飲み明かしているだろうなと、思っています。


今回は小鳥の女の子。
小鳥はなぜか、女の子の方が男の子より地味です。
男の子は派手で、思いっきり目立ちます。
でも女の子の顔はそれはそれは可愛いです。

まずは「ルリビタキの女の子」
E71_1750.jpg


E71_1752.jpg


E71_1766.jpg


E71_1768.jpg


次は「ジョウビタキの女の子」
オスには今年出会っていません。
大阪城にはよくいるのですが、最近は大阪城まで行くのが億劫になってしまいました。
オスは頭がグレーで、ちょっと男前の君です。
女の子はやはりかわいいです。

E71_1621.jpg


E71_1704.jpg


E71_1629.jpg


2017/01/26 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

ほろ酔い 

暮れの30日に息子一家が帰ってきた。
総勢7人の大家族となる。
30日はおせちの総仕上げ的な日で、夕ご飯は恒例のお寿司を買ってくる。
お嫁ちゃんや娘も手伝ってくれるし、夕ご飯に手はかからないけど、
食器を出したり飲み物の用意などそれなりに、指図の仕事がある。

先に揃ったものから食べ始めてもらう。
息子が土産にと父親の好物の日本酒を持って帰ってきたが、こちらで用意した飲み物もあったので、
元旦にあけようということになった。
私は横目でそれを見る。

実は私はお酒が大好きな土佐生まれです。
昔はしっかり飲んでいたが、結婚して少し控えるようになった。
長男を身籠って止めた。

それからたまに飲むことはあったが、ちょっと口にする程度で控えた。
主婦は食事の後は後片付けやら、翌日の準備など雑用が多い。
酔っぱらっている場合ではない。
いや、酔っぱらうことはないけど、やはり頭と体の働きが悪くなる、これを酔っぱらうというのだろうけど、
本人は酔っている自覚がない。

本当にお酒から遠ざかっていた。
ところが、子供たちが成人をしてだいぶたった頃から、少しずつ飲みだした。
でもやっぱり後片付けがしんどい。
これを兄嫁にぼやくと、「先に寝たもんが勝ち」と言う。
後まで起きていた兄が片づけてくれるようだ。

よし、これでいこう!
先に私が酔って寝た。
目を覚ましたら、テーブルの向こうで夫も寝ていた。
結局私が片づけた。

又お酒から遠ざかった。
でも飲みたいときがある。
そんな時は飲んだ。
そして片付ける、ちょっとふらふらしながら。
でもそれが気持ちよくなった、片付けが楽しい。
もう好きなだけ飲めるぞ、そう思った。

そして元日のお屠蘇で、息子持参のお酒を開けた。
「なにこれ」
おいしいのだ。おいしい、おいしい、結構飲んだ。
夜はそのお酒にビール、酎ハイ、ちゃんぽんで飲んだ。
でもその後もしっかり動きましたよ。
勿論、お嫁さんと娘の助っ人がありましたが。

私があまりおいしいというものだから、夫が遠慮して
「俺はいつも飲んでる焼酎があるから、残りは君が飲み」と言ってくれた。
「ありがとう」
ここで遠慮しないところが我ながらすごい!
残りの3合ほどを大事に飲んでいる。だから一回の量は少しだ。
全く酔わない、美味しさを楽しむだけだ。
「お酒飲んでも、ちゃんと後片付けはする、乱れないからいいでしょ」
言い訳みたいに言う。
「ほかが乱れているから」と夫。
「配置とか言うんやろ!」突っ込む私。
「いやあ」
逃げ腰になる夫。

ちょっとー、と怒ってはみるが、まあいいか、美味しいお酒をくれたのだから、大目にみよう。


散歩道の愛嬌のある小鳥さん、「ヤマガラ」
ビービーと賑やかに鳴くので、存在がわかりやすい。

E71_1321_776.jpg


E71_1428_827.jpg


E71_1455_846.jpg


E71_1460_851.jpg


E71_1588.jpg


E71_1608.jpg


キクイタダキの次に小さい小鳥「エナガ」

E71_1317_775.jpg


E71_1407_810.jpg

2017/01/12 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit