07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

前の散歩道、東コースハイキング 

今年は桜の開花が遅れて、北国の春のように、桜もミツバツツジもほぼ同時に咲きました。

桜が終わった頃になりますが、北国の経験のない私は、なんとなく全部が遅れるように思って、
もうそろそろミツバツツジの季節と、旧の散歩道の東ハイキングコースを歩いてみました。

そしたらびっくり、あれ!ミツバツツジがもう終わってる!
そうだった、桜もミツバツツジもほぼ同時期に咲いたのでした。

名残のミツバツツジを探して、歩きました。

DSC_4934.jpg


DSC_4930.jpg


DSC_4935.jpg


DSC_4925.jpg


DSC_4927.jpg


シャガ
DSC_4921.jpg


野イチゴ
DSC_4924.jpg



キビタキ
E71_6205.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/05/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

散歩道で見つけました 

散歩道で小鳥さんに出会います。
カワラヒワ、シメ、雀、お馴染の小鳥さんですけど、とても可愛いのです。

太陽を浴びて、自然の中を散策すると体調が整い、よく眠れるそうな。
私は寝すぎる傾向にあるので、散策の必要はないかもしれないけど、
やっぱり歩きたくて、歩いています。

睡眠だけは若い人並み!喜んでいいのか!?
解りませんが、でも時々睡眠時間が5時間の日もあったりします。
やっぱり年並みの睡眠時間に近づいているようです。




カワラヒワ
E71_5995.jpg



E71_5999.jpg



シメ
E71_6033.jpg


E71_6041.jpg


E71_6065.jpg


E71_6088.jpg


藤  少し前の写真になります
E71_6017.jpg


白い藤
E71_6091.jpg



E71_6014.jpg


E71_6015.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/05/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

散歩道の景色とルリビタキ、シメ 

すっかり初夏の装いになってしまったようだ。
空は高い、蒼い。
でも、時折涼しい日もあったりする。
こんな日々の繰り返しだ。

私たちは散歩道にインスタントコーヒーを持って行くのです。
今まで藤棚のあるベンチに坐っていたのですが、最近は池の水辺のベンチに座ることが多くなりました。

池の水面を渡って吹いてくる風が気持ちよく感じられます。
平日は近くにほとんど人影はありません。
休日でも人影はまばら、
耳を澄ませば、遠くの遊具の場所から子供たちの声が聞こえてくるていど。

少し歩いて疲れた足を休めながら、風に吹かれて、ホットコーヒーを飲む。

おいしい!
こんな贅沢をしていいのかしら。

池に浮かぶ水鳥に、目の前の樹々にやって来るスズメやシジュウガラに、聞いてみる。

何にもないのが一番いい。

気になることを忘れているときが一番いい。

この心地よい季節も、行きつ戻りつしながら夏に向かっているのだけれど。




散歩道
DSC_4890_01.jpg


緑の多くなった散歩道
DSC_4892.jpg


さわやかな季節を感じます
DSC_4895.jpg


涼しい木陰が気持ちいい季節
DSC_4896.jpg


水辺の涼しさにほっとします
DSC_4900.jpg


DSC_4903.jpg


この水辺で過ごす時間が多くなりそう
DSC_4905.jpg


ハナミズキ
E71_5967.jpg


藤とクマ蜂
E71_5973.jpg


シメ  どことなく愛嬌のある小鳥です
E71_5640_3413.jpg


E71_5645_3416.jpg


ルリビタキ 
ここでお目にかかるとは。
夏鳥のオオルリ、キビタキと一緒にいました。
いよいよ今期の最後です。
また、 今年の冬に会いましょう
E71_5725_3482.jpg


E71_5731_3487.jpg


E71_5736_3491.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/05/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

断捨離と春の草花 

最近暖かくなってきて、歩くのが楽になりました。
服の入れ替えとともに、断捨離を始めました。

衣類は着ていない服は新のままできれいだし、捨てにくい。
気に入った服は着やすいので、多少古くても捨てられない。
で、捨てるものなしだったのですが、
今回、着ていない服は捨てることにしました。
娘とは体系が違うので着てくれない。
古着に出すほど高価でもない。
着てもらえそうな知り合いもいない、で、捨てるしかないのです。

袋ものにできそうなものは取っておきたいのですが、いつ作る!?
なので、よほどの物でなければ、捨てることにしました。

だから先日からこの断捨離が終わるまで、散歩は2日に一回と決めました。

で、気付いたのですが、暖かくなって少し足が楽になったかなと思っていたら、
そうでもない日があるのです。
考えてみたら、天気が良くて、散歩に行ける日は、足の痛みが少ない。
気分屋の私です。
う~ん、そんなことなかったのですが、……仕方ないか、という結論。
しばらく、断捨離頑張ります。

ツツジ
DSC_4823.jpg


池の見える風景
DSC_4825.jpg


ユキヤナギ
DSC_4826.jpg


濃い緑の散歩道
DSC_4827.jpg


寒緋桜(手前)とソメイヨシノ
DSC_4829.jpg


寒緋桜とソメイヨシノ
DSC_4842.jpg


DSC_4850.jpg


ソメイヨシノとレンギョウ
DSC_4835.jpg


寒緋桜
DSC_4845.jpg


DSC_4846.jpg


ソメイヨシノ
DSC_4848.jpg


DSC_4847.jpg


野イチゴ
DSC_4851.jpg


2017/05/04 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

こんなに違っていいのかな 

つくづく考えてみるに、私たち夫婦はこんなに違っていいのかな、と思います。

まず見た目、夫は背が高いです。180センチ以上。
年取ってもそんなに下がっていません。私は150センチを切っていました、最初から。
悲しいことに最近はまだ低くなってきています。たぶん脊椎管狭窄症のせいだと思います。
その差が40センチになるのは時間の問題かな。
数字的には違いますが、鏡に映っている私たちを見たら、私は夫の半分?と思うほど。

並んで歩きたくない。
でも最近は、二人ともリタイヤして、健康のために歩くことが多いから、一緒に歩いています。
昔は高~いヒールの靴を履いていたのですが、最近では足が弱くなったので、これもダメ。

なんでこんな高い人を選んだのか、それは子供のため!?。
これからの日本人はみんな背が高くなるだろうから、低い人を選んだら、子どもはきっと苦労をするだろう。
こんな苦労は、努力すれば報われる苦労ではないから。
なんて、考えていたか、どうか!?

性格も全く違う。
夫は神経質。
「繊細なと言うてくれるか」←夫の言い分。

私は無神経と言われる。
「大らかなと言うてくれる」←私の言い分。

結婚するまで、私は自分がこんなに気の付かない性格だと思っていなかった。
夫は私の様な人間を理解できず、気が付かないふりをしていると最近まで思っていたきらいがある。
理解不能なタイプらしい。

これが共に暮らすのですから、えらいことですわ。
笑いごと違いまっせ。

えらい苦労させましたし、苦労しました。

それでも何とかゴールに近づいてきました。

後はぼちぼち、写真でも取りながら、歩いていきましょな。

「写真はちっとも上達しませんな、私は」
「もうちょっと画面の端々にまで気を付けたらえいがな」
「そんなん無理ですがな。若いときでも無理やったのに、今更」
「ほな、しゃあないなあ」
「写真は下手でも、空気は美味しいし、景色は綺麗し、あるくん楽しいし、
綺麗な写真見たかったら、あんたの見たらよろしいがな」
「そやな」

こんなに違っていても、一緒に生きてこられたのやから、
人生も捨てたもんではないですわ。


イカル
E71_3692_2236.jpg


E71_3696_2240.jpg


シジュウガラ
E71_3705_2246.jpg


コヒガン桜とメジロが続きます。
E71_3706_2247.jpg


E71_3756_2255.jpg


E71_3774_2259.jpg


E71_3775_2260.jpg


E71_3790_2265.jpg


E71_3804_2268.jpg


E71_3876_2295.jpg


E71_3890_2308.jpg


E71_3935_2353.jpg


E71_3940_2358.jpg


E71_3941_2359.jpg






2017/04/11 Tue. 00:00 | trackback: -- | comment: 6edit