09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

夫にとって、まさに「敬老の日」でした 

18日、「敬老の日」
娘がお昼ごはんを一緒に食べようと、お誘いがあった。

たまにしか外食しない私は大喜びで、車で向かったのはいいが、
喜びすぎて忘れもの。
それは杖。

行った先は車で小一時間ほどかかるところ。大阪を出て他県の外れの大きなショッピングセンター内にあるお店。
辺りは山並みの多い人家の少ない落ち着いたところだったので、それはよかったのですが、
小一時間も車に乗ると、その後、私は歩けなくなる。

持病のせいで同じ姿勢をしていられないのです。
後ろの席で足を延ばしたり坐りなおしたりいろいろやったのですが、だめでした。

車を降りて、少し歩くとやっぱり痺れてきて動けなくなり,
夫の腕のひじのあたりを掴んでいたのですが、立ち止まったり坐ったり。
「老人介護デーやな」

そんな夫の言葉に怒る元気もない私。
しばらく休んでいたら、少しずつ動け出して何とか目的地にたどり着きました。

椅子に座ったらこっちのもの。
注文した料理を熱いうちに頂く。

作っていただいて、美味しいものを食べて、

片付けもしていただける。

なんと幸せなことか!

んっ?
夫の変な目。
はいはい、片付けは手伝ってもらっていますよ、
えっ、全部やらされているときもある!
はいはい、そんなときもあります。

帰りは途中で、車を止めて、コンビニで、小さな買い物。
途中で体勢を変えるため、娘が気を遣ってのこと。
後部座席で動いていたよりはだいぶ楽。

帰ってきて2階のベランダで、洗濯物を取り込んでいたら、見慣れない初老の男性が
あちらこちらの家を窺っているような。
私の家の奥は行き止まり。奥には数軒のご近所さんが居るだけ。
だから前を通る人はその家の方々か親戚、郵便配達や宅配の人たちでだけなのです。

時折散歩でこの家の前がコースに入っている方もいますが、そんな人はキョロキョロしないで、
奥まで行ったら引っ返して通り過ぎるだけ。

なに!?
じっと見ていたら、視線を感じてか、向こうもこちらを睨んでいる。

気持ちが悪いので、中に入って、又出てきたら、もういない。
誰だったのだろう?怪しい人?それともただの老人?

今度は違う老人がいて、夫が話をしている。見知らぬ人だった。
一階に降りてゆくと夫が中に入ってきた。
首をかしげている。
「なんかおかしい、老人のほうから声をかけてきて、『私を探しているのですか?』とか言うてたし・・・。
ちょっと行って来るわ」
夫は車の鍵を持って、その老人の後を追った。

しばらくして帰ってきた夫。
「やっぱり認知症の人やった。交番のお巡りさんに預けてきた。捜索願いが出てた感じもするし、
何回か警察に世話になってるような気がした」

家族のそばに帰ったら、それで良し。
私たちとはあまり年が違わないようだった。
他人ごととは思えない。

夫は朝から、私の介護と、このご老人のお世話で終わった。
まさに「敬老の日」でした。


スズメ
E71_8291.jpg


E71_8304.jpg


幼鳥(黄色い部分があるのでキビタキのヒナ?しかしキビタキのヒナに見られる特徴的な斑模様ではないし。カワラヒワのヒナかも・・・ようわかりません)
E71_8298.jpg


酔芙蓉(朝、咲いた時は白くて昼頃になるとピンクに変わります。まるでほんのり酔っ払ったようで、この名が)
E71_8317.jpg


E71_8319.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/09/22 Fri. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

前の散歩道、東コースハイキング 

今年は桜の開花が遅れて、北国の春のように、桜もミツバツツジもほぼ同時に咲きました。

桜が終わった頃になりますが、北国の経験のない私は、なんとなく全部が遅れるように思って、
もうそろそろミツバツツジの季節と、旧の散歩道の東ハイキングコースを歩いてみました。

そしたらびっくり、あれ!ミツバツツジがもう終わってる!
そうだった、桜もミツバツツジもほぼ同時期に咲いたのでした。

名残のミツバツツジを探して、歩きました。

DSC_4934.jpg


DSC_4930.jpg


DSC_4935.jpg


DSC_4925.jpg


DSC_4927.jpg


シャガ
DSC_4921.jpg


野イチゴ
DSC_4924.jpg



キビタキ
E71_6205.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/05/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

散歩道で見つけました 

散歩道で小鳥さんに出会います。
カワラヒワ、シメ、雀、お馴染の小鳥さんですけど、とても可愛いのです。

太陽を浴びて、自然の中を散策すると体調が整い、よく眠れるそうな。
私は寝すぎる傾向にあるので、散策の必要はないかもしれないけど、
やっぱり歩きたくて、歩いています。

睡眠だけは若い人並み!喜んでいいのか!?
解りませんが、でも時々睡眠時間が5時間の日もあったりします。
やっぱり年並みの睡眠時間に近づいているようです。




カワラヒワ
E71_5995.jpg



E71_5999.jpg



シメ
E71_6033.jpg


E71_6041.jpg


E71_6065.jpg


E71_6088.jpg


藤  少し前の写真になります
E71_6017.jpg


白い藤
E71_6091.jpg



E71_6014.jpg


E71_6015.jpg



にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/05/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

散歩道の景色とルリビタキ、シメ 

すっかり初夏の装いになってしまったようだ。
空は高い、蒼い。
でも、時折涼しい日もあったりする。
こんな日々の繰り返しだ。

私たちは散歩道にインスタントコーヒーを持って行くのです。
今まで藤棚のあるベンチに坐っていたのですが、最近は池の水辺のベンチに座ることが多くなりました。

池の水面を渡って吹いてくる風が気持ちよく感じられます。
平日は近くにほとんど人影はありません。
休日でも人影はまばら、
耳を澄ませば、遠くの遊具の場所から子供たちの声が聞こえてくるていど。

少し歩いて疲れた足を休めながら、風に吹かれて、ホットコーヒーを飲む。

おいしい!
こんな贅沢をしていいのかしら。

池に浮かぶ水鳥に、目の前の樹々にやって来るスズメやシジュウガラに、聞いてみる。

何にもないのが一番いい。

気になることを忘れているときが一番いい。

この心地よい季節も、行きつ戻りつしながら夏に向かっているのだけれど。




散歩道
DSC_4890_01.jpg


緑の多くなった散歩道
DSC_4892.jpg


さわやかな季節を感じます
DSC_4895.jpg


涼しい木陰が気持ちいい季節
DSC_4896.jpg


水辺の涼しさにほっとします
DSC_4900.jpg


DSC_4903.jpg


この水辺で過ごす時間が多くなりそう
DSC_4905.jpg


ハナミズキ
E71_5967.jpg


藤とクマ蜂
E71_5973.jpg


シメ  どことなく愛嬌のある小鳥です
E71_5640_3413.jpg


E71_5645_3416.jpg


ルリビタキ 
ここでお目にかかるとは。
夏鳥のオオルリ、キビタキと一緒にいました。
いよいよ今期の最後です。
また、 今年の冬に会いましょう
E71_5725_3482.jpg


E71_5731_3487.jpg


E71_5736_3491.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/05/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit

断捨離と春の草花 

最近暖かくなってきて、歩くのが楽になりました。
服の入れ替えとともに、断捨離を始めました。

衣類は着ていない服は新のままできれいだし、捨てにくい。
気に入った服は着やすいので、多少古くても捨てられない。
で、捨てるものなしだったのですが、
今回、着ていない服は捨てることにしました。
娘とは体系が違うので着てくれない。
古着に出すほど高価でもない。
着てもらえそうな知り合いもいない、で、捨てるしかないのです。

袋ものにできそうなものは取っておきたいのですが、いつ作る!?
なので、よほどの物でなければ、捨てることにしました。

だから先日からこの断捨離が終わるまで、散歩は2日に一回と決めました。

で、気付いたのですが、暖かくなって少し足が楽になったかなと思っていたら、
そうでもない日があるのです。
考えてみたら、天気が良くて、散歩に行ける日は、足の痛みが少ない。
気分屋の私です。
う~ん、そんなことなかったのですが、……仕方ないか、という結論。
しばらく、断捨離頑張ります。

ツツジ
DSC_4823.jpg


池の見える風景
DSC_4825.jpg


ユキヤナギ
DSC_4826.jpg


濃い緑の散歩道
DSC_4827.jpg


寒緋桜(手前)とソメイヨシノ
DSC_4829.jpg


寒緋桜とソメイヨシノ
DSC_4842.jpg


DSC_4850.jpg


ソメイヨシノとレンギョウ
DSC_4835.jpg


寒緋桜
DSC_4845.jpg


DSC_4846.jpg


ソメイヨシノ
DSC_4848.jpg


DSC_4847.jpg


野イチゴ
DSC_4851.jpg


2017/05/04 Thu. 00:00 | trackback: -- | comment: 4edit