09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

千のブログ

気ままでお気楽な写真と徒然の想いを綴っています。暇を見つけた時は時代小説を書いています。

お腹いっぱい御飯を食べたい! 

ジャーナリストの木村太郎さんのなさっていたお話です。
あの頃の日本人の目標は、

お腹いっぱいご飯を食べたい」

だったそうです。

それを聞いて思い出しました。
私は昭和22年終戦後の生まれです。
木村太郎さんは昭和13年のお生れです。
いつも実の姉のようにしていただいている義姉(夫の姉)も同じく昭和13年生まれ。

終戦の物のないときは小学校低学年。
いつもお腹を空かせていたそうです。
今は大阪では比較的静かなところに住んでいますが、その頃は自分の家の土地はなくなり、
坊ちゃん育ちの父と、病身の母と、長姉、義姉の下には、3人の食べ盛りの弟がおりました。
その弟達に食べさせるために、母と長姉は食べるのを我慢したのでしょうね、栄養不足で病気になり、亡くなってしまいました。
義姉はいつも、
「白いご飯をお腹いっぱい食べたい」
そう思って暮らしてきたとか。

大阪での義姉たちの生活は想像できます。大変だったと思います。
今はたくさん孫やひ孫に囲まれて、幸せそうですが、
「今はお腹一杯ご飯を食べられるね」
と、言っても、
「もう胃が小さくなって、ちょっとしか食べられない」
と言います。が、戦後の空腹を我慢した記憶は消し去ることはできないようです。
今でも、
「お母ちゃんと、お姉ちゃんに、お腹いっぱいご飯を食べさせてやりたかった」
と、そう言います。
十歳前後の食べ盛りに食べられなかった辛さは、どんなだったでしょう。

私にも実感として頷けるものです。
ただ私は、高知県の田舎暮らしでしたから、ちいさいながら畑もあったし、
目の前は太平洋。魚は捕り放題。今のように漁業組合とかはありませんでしたから。
それでも貧しかったことは覚えています。

私たち団塊の世代はこんな時代を生きてきたのです。


木村太郎さんは、
「今を見れば私たちの目標は達成できた。これからの方々は今の時代に望まれていることを目標にして!」
と話されていました。

終戦後には、最大に難しかった食料事情も、今は一部を除いては、解決されています。
それに関連して新たな問題も出てきていますが、食べる物がないなんて、
二度とこんな思いはしたくないし、させたくありません。

ただ、空腹はなくなっても、日本人の心は豊かになったのでしょうか。

注意をされたとか、ちょっとしたことで人を殺してしまったりする世の中。
あの貧しかったことを思えば、私たちも低年金で、豊かな食卓とは言えませんが、
お腹いっぱい食べられて、散歩をしたり、静かな時間を持てることに感謝をしています。



ハクセキレイ
E71_8604.jpg


シジュウガラ
E71_8615.jpg


二羽います、重なっているので解りづらいですが、奥の方は羽を広げて飛び立つところです。
E71_8619.jpg


キビタキ♀
寒くなってくると移動です。可愛い小鳥です。
E71_8630.jpg


E71_8632.jpg


エナガ
E71_8616.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



スポンサーサイト
2017/10/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | comment: 8edit

そっち~! 

息子は四十代半ば。今、四十肩で大変そうだ。
若いときからやっていたスポーツ、社会人になってからも
休みの日などを利用してやっていたようだが、会社では中堅。
年齢的にもスポーツは少し軽いめの方がいいということだろうか、
多分運動量が減ってきたせいもあるかもしれない。

いや、夫の四十肩などは、確実に肩を使う機会が減ってきたときだったらしい。

肩が痛む。夫も長いこと、この痛みには苦しんだ。
息子は先日もやってきて、痛そうにしていた。
見てるこっちまで痛くなる。

ところが、本当に私の肩が痛くなってきたのだ。

「肩が痛い!私も四十肩や!」
と言ったとたん、

「お母さん、サバよみすぎ!」
と、間、髪を容れず、娘。

「あんた、古希やろ!」
かぶせて夫。

そっち~!

「ふつう、肩が痛い、って言ったら、『大丈夫!?』とか、『湿布貼るか!』とか言うもんやろ、

それをなに?年のことばっかり!もう!」

怒り心頭に発する、とはこのこと!


いたどり(スカンポ)は秋にはこんな花が咲きます
E71_8545.jpg


彼岸花
E71_8553.jpg


白い彼岸花は珍しいですが、時々見かけます。
大人しい色なので、目立たないだけかもしれません。
E71_8548.jpg


酔芙蓉 まだ咲いたばかりなので白いですが、上の方、ほんの少しだけピンクがかってきました。
これから時間と共に酔った時のようにピンク色になってゆきます。
E71_8550.jpg


芙蓉
E71_8549.jpg


芙蓉 
これは最初からピンク色です。酔芙蓉ではありません。
E71_8551.jpg





にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝






2017/10/13 Fri. 00:05 | trackback: -- | comment: 10edit

死ぬほどおいしい! 

買い物に行ったとき。

商品を選んでいた私の横に、つつ~と寄ってきた女性、二十歳前後の方かな?
「あったぁ~」

と、声を上げて彼女よりちょっと年上の連れの女性を呼んだ。
「これ、こんなところにあった!さがしていたのよ!死ぬほどおいしいのよ、これ」
買い物かごに入れて二人でまた別の商品の所へ。

死ぬほどおいしい?!

その言葉を頭の中で繰り返しながら、商品を手にした私。
『豆乳クリームサンド』
と書かれていたクッキー。
豆乳のクリームが挟んであるのだ。値段を見れば100円と少し。
それを迷わずに買い物かごに入れた私。

どんだけおいしいんやろ!?
そう思って、買ってしまった。
クッキーも、豆乳も好きだから、まぁいいかみたいな気持ちでした。

よく「話食い」というのを聞きます。
話に、美味しいと聞いて買い求めることらしいのですが、まさにそれ。

で、お茶を入れて試食。

う~ん、まぁおいしいけど、クッキーってこんなものじゃない!

それが正直な感想でした。
夫にも娘にも何も言わずにお茶と一緒に出しましたが、二人ともコメントなしでした。

死ぬほどおいしいと言った人にとっては、
好きな味だったのでしょうね。

それより、そんな話を小耳にはさんで、高くはないにしても、それを買う私が、可笑しい!


「アベリアとホシホージャク」
この虫は、じっとしていません。絶えず動き回っています。
アベリアにピントを合わせて、画面の中に飛び込んできたときにシャッターを押すしかないようですが、
なかなかピントが合いません。こういう作業は向いてないとつくづく思います。
E71_8496.jpg


「どんぐり」
よく見かけるどんぐりの形は3種類あるようです。
これは一番長いかたちです。
E71_8501.jpg


スズメ
鳥が少ない時期でしたからスズメでも撮ろうか、なんて失礼なことは言いません。
可愛いですよ。
E71_8519.jpg


スズメの学校?
集まると暖かい雰囲気がします。
E71_8534.jpg


「シジュウガラ」
比較的見かけます。
E71_8540.jpg






<a href="//senior.blogmura.com/senior_dankai/ranking.html">
にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝





2017/10/09 Mon. 00:05 | trackback: -- | comment: 11edit

もし離婚したら誰と暮らす? 

先日、祖父母にとって、孫は、息子の子より娘の生んだ子の方が可愛いといった記事を目にした。

私の父母は、勿論私の子供たちもかわいがってくれたけれど、一緒に暮らした兄の子どもたちをそれは可愛がっていました。

兄嫁は私の同級生で、繊細で豪快で面白いことも大好きなタイプ。
もうだいぶ前になりますが、
その兄嫁が子供たちに、
「お父さんとお母さんが離婚したら、誰と暮らす?」
とたずねたそうな。

長女、
「私、おじいちゃんと暮らす」
次女、
「私、おばあちゃんと暮らす」
末っ子長男、
「僕、お金くれたら、一人で暮らす」
と、言ったそうな。
兄嫁、
「誰も親と暮らすって、言えへん」
と、大笑い!

思わず、子どもにどちらかの親なんて選ばすな、もう!
と言ったものですが。

前に叔父が、娘に、
「お父さんとお母さんとどっちが好き?」
と聞いた話をこのブログに載せました。
彼女、そこにあったお饅頭を二つに割って、
「このお饅頭、どっちがおいしい?」と、問い返したのに、叔父は答えられなかった話を書きました。
よっぽどひどい親でなければ、子はどちらかの親をなんて選べません。

なんで親はこんなことを聞くのでしょう!

でもこの子供たち、母親の気性を知り抜いているし、楽しく答えられて立派。

父や母は選べないし、可愛がってくれるおじいちゃんとおばあちゃんを選んで、
親への笑える抵抗よね?!

「笑点」風に言えば、
長女と次女には座布団2枚!
末っ子には、おじいちゃんとおばあちゃんにも差を付けなかったから、

末っ子長男には、座布団3枚!

お千の「笑点」風採点でした!


ヤマガラ
E71_8471.jpg


E71_8475.jpg


E71_8478.jpg


ハクセキレイ
E71_8494.jpg


蝶(アカタテハでしょうか?)
E71_8491.jpg






にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/10/05 Thu. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit

漢字検定の先生 

もう一昔も前のこと。

還暦になった記念に、何か心に残ることをしよう!と、思い立ちました。

そう前々から挑戦しようと思っていたことがありました。
もう年齢的に無理かなと思っていましたが、
自治体主催の「漢字検定試験講座」
というのを見つけて、これに挑戦しようと。

一人でコツコツというより、みんなで楽しくというのもありかな。
講師もいるようなので、参考になることを教えてくれるかもという期待。
もちろん無料講座です。

講師は30歳代の気さくな女性講師。
とにかくびっくりしたのはこの先生、お話がとても面白い。
「話に食いついてしまう」という感じでした。

この先生は産休先生で、女性先生が産休の間、クラス担任になるのです。
小学校低学年を担当していたようです。

その先生のお話。
子どもたちは、初めての先生には目を輝かせてこちらを向いています。
で、雑談から入るそうです。
「先生のお家、凄く狭いねん」
「どんだけ狭いん?」
「玄関入ってらすぐ裏に出るねん」
「ええ、そんなんやったら、おふとん敷かれへんや~」
「そうやねん。だからおふとん立てて寝るねん」
「ええ~!枕、落ちるやん」
(子供の質問も具体的!)
「枕はおふとんに貼り付けとくねん」
「うそや~!」
「うそ、です」
で、わ~と笑って、生徒たちの目は先生に向く。

ここから授業が始まるのだそうです。

こんな先生だったら、授業が楽しいだろうなあと思いましたが、
後から考えると、私たちもまんまとこの手に乗せられていたのでした。

最初に受ける「級」を決めるためのテストがあり、
丁度その日は体を動かす集まりがあって、運動をした後でした。
運動した後というのは頭がいつもより働くそうな。

お陰で、成績が良かったので、2か3級かのどちらかをということになって、
ちょっと無理をして、2級を選びました。

さあ大変、
それから猛勉強。
20歳で勉強を止めているから、40年ぶり。
頭さび付いてるし。
というより、脳というまな板の上の食材をひとつ足すと、ひとつまな板から落ちてしまう、
という感じでした。

今記憶にあるものの量をこれ以上増やせない状態。

でも、めげずに、若いときにはこんなに時間かからんかったなあ、とぼやきながらも、ひたすら暗記。
先生の授業も楽しかった。
頑張って、そして、

試験当日。

1~2級の試験会場がようわからん。
娘の学校の近くということで、電車で天王寺まで連れていってもらって、ついでに試験会場まで娘同伴。
ここでも親子逆転。手間のかかる親や。

「落ち着いて頑張りや」
「もうみんな忘れてしもうたような、不安やなあ」
「いける、いける、自信もって」
励まされて、会場に放り込まれた。

後日、合格発表がありました。
家族の次に連絡したのが講師の先生でした。
すごく喜んでくれました。

で、先生のお話によると、この講座を受けて、受験した方は皆合格したこと、
そして皆講師の先生に連絡があったこと。
そのこともすごく嬉しそうでした。

この先生も、産休先生にしておくのはもったいない!

つくづく思ったものでした。


涼しくなるにつれて、小鳥さんの姿がちらほら。
カメラを向けると、さよならとばかりに飛び去る。
なかなかカメラに収まってくれませんが、運がいいと!
E71_8421_01.jpg

ヤマガラで~す
E71_8454_01.jpg


E71_8467_01.jpg


おまけに、アベリアとクマ蜂
E71_8433_01.jpg




にほんブログ村 ←応援ポチ 感謝



2017/10/01 Sun. 00:05 | trackback: -- | comment: 8edit